天使の海老なんですが、

正確な名称は「パラダイス・プローン」 と呼ばれています。

 

由来は、

「天国に一番近い島」 で有名なニューカレドニア産 な事から 「天使の海老」 の名称になりました。

 

冷凍の海老でも生の 車海老に近い食感 をした美味しい刺身として食べられるんです!

 

甘エビ、ボタンエビ、アルゼンチンアカエビ、などの種類を刺身で食べると身が甘くて美味しいのですが・・・

どうしても身が軟いので、プリプリというかブリブリとした車海老の食感には程遠いですよね^^;

 

そこで、冷凍で手に入る天使の海老は冷凍保存ができて便利で美味しいのでオススメします^^

 

では、写真で紹介していきます。

 

 

DSC01768

 

 

横幅が30センチ程で1キロ入っていました。

 

パッケージを見ての通りに透明色をしているのが 天使の海老 (パラダイス・プローン) の特徴です。

 

左上の角には究極の刺身とも書かれていますね^^

 

 

DSC01789

 

 

世界最高グレードということもあり品質も確かな商品でした。

 

しかし、

高級料亭刺身用とありますが・・・

 

高級料亭なら活けの車海老と思うのですが^^;

 

 

DSC01791

 

 

天使の海老 (パラダイス・プローン) が車海老に近い食感をしているのは、

クルマエビ属だから納得ですよね^^

 

産地は自然豊かなニューカレドニアで養殖されています。

 

 

スポンサーリンク


天使の海老の旨味成分は車海老以上!?

 

 

DSC01775

 

 

天使の海老が美味しいと感じる理由はアミノ酸 (アルギニン、プロリン、グリシン、グルタミン) が豊富だからです。

 

アミノ酸の中でもグルタミンといえば、

世界無形文化遺産に登録された和食の 「うま味」 ですし^^

 

栄養価のグラフを見ると一目瞭然で、

車エビ、バナメイエビ、ブラックタイガー、ホワイトタイガー、のアミノ酸スコアを超えています。

 

しかも、

低カロリー高タンパク食材なのも嬉しいポイントでは!?

 

 

DSC01796

 

 

最初のほうで冷凍保存なので便利と言いましたが・・・

 

冷凍しているので海老が繋がっていて取れない!?

 

なんて事はありません!

 

バラ凍結なので、

食べたい分だけ取り出せる のが重宝します。

 

 

DSC01803

 

 

流水解凍すれば5分程で活きている海老のような状態に解凍できます。

 

後は、背ワタを取って水分をキッチンペーパーなどで拭けば美味しい刺身の出来上がり!

 

 

DSC01793

 

 

パッケージには見本として薄造りの写真が載っていますが、

ブリブリした食感を楽しむなら一匹を丸ごと豪快に食すのもいいでしょう^^

 

ん~・・・

記事が長くなりそうなので、調理をしている写真は次回に紹介しますね^^;

 

 

追記   天使の海老を使った海鮮パエリア

 

 

楽天市場・・・天使の海老 の詳細はコチラ

amazon・・・天使の海老 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク