日本酒 吟醸 富美菊酒造株式会社 心酔 (こころよい) を紹介します。

 

富美菊酒造株式会社の所在地は、

富山県富山市百塚134-3で、

立山連峰からなる自然の恵み「日本の名水百選」にも選ばれている水源が豊かな土地柄を活かした酒米を利用し、大正5年に創業しました。

 

富美菊の由来は、

菩提寺の住職が「菊のように美しく、美しい富山を代表する酒」になるようにと命名されました。

 

では、写真で紹介していきます。

 

 

DSC02785

 

 

キャップの菊模様が特徴的でした。

 

 

スポンサーリンク


心まで酔う心酔!?

 

 

DSC02786

 

 

「心酔」というネーミングが良いです。

 

呑めば心まで酔うという事でしょうか!?

 

 

DSC02787

 

 

ラベルに材料を書いています・・・

 

  • 米 (国産)
  • 米麹 (国産米)
  • 醸造アルコール
  • アルコール度数・・・15度以上16度未満

 

 

DSC02789

 

 

淡麗辛口の部類なので、

冷やして呑むのをオススメしています。

 

 

DSC02790

 

 

きき酒などで使われる利き猪口 で色味を見ると少し琥珀色なのがわかります。

 

肝心な味はというと・・・

 

淡麗辛口ならではの呑みやすくサッパリという印象でした。

 

ということから、

同価格帯の辛口淡麗と比べると・・・私の場合ですが・・・

 

真澄の純米吟醸 「辛口生一本」 の方が美味しいという結果になりました。

 

特に、白ワインの辛口が好みな方には真澄をオススメします!

 

個人による味の好みなので・・・

感想があれば是非送ってもらえると嬉しいです。

 

 

楽天市場・・・日本酒 吟醸 富美菊酒造株式会社 「心酔」 の詳細はコチラ

amazon・・・富美菊酒造 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク