日本酒 純米吟醸 酒田酒造株式会社 上亀元 (じょうきげん) を紹介します。

 

地酒の生産地ですが、山形県酒田市です・・・

なので、酒田酒造株式会社という会社名にもなっています。

 

創業は、昭和22年で、当時の5軒の造り酒屋が協同したのが、酒田酒造株式会社の始まりです。

 

しかし、山形県酒田市とは・・・

山と酒と米という字が入ってて、日本酒のイメージにピッタリの市町村ですね^^

 

商品名の上喜元という名前の由来ですが・・・

呑むと、誰でも上機嫌になる事から  「上喜元」 の名がつけられました!

 

私は、納得しました・・・

美味しいので^^

 

それもそのはず、

航空会社のJAL (ファーストクラス) でも、出されている日本酒なんです。 (大吟醸)

 

酒田酒造株式会社は、社長と杜氏を同時に兼ねている、

佐藤正一さんが大量生産せずに、こだわりを大事にしている酒造会社です。

 

なので、 「亀の尾」 という種類の米を、佐藤正一さん自ら栽培もしています・・・

材料って大事ですから^^

 

そして、杜氏こだわりの 「亀の尾」 を原材料に使用したのが、今回の 上亀元 (じょうきげん) になります。

 

以前の記事で 上喜元 純米吟醸 雄町 を紹介しましたが、

「上亀元」 と 「上喜元」 という遊び心のあるネーミングになっていますね^^

 

では、写真で紹介していきます。

 

 

DSC01281

 

 

冷蔵庫に入りにくい一升瓶ですが・・・

 

五合瓶より一升瓶のほうが雰囲気があるので、泡盛、焼酎、日本酒は一升瓶を購入します。

 

蓋を開ける時のスポンッという音がたまらなくて^^

 

 

スポンサーリンク


酒田酒造の「上喜元」と「上亀元」!?

 

 

DSC01282

 

 

ラベルには大きく 「上亀元」 と書かれています。

 

 

DSC01284

 

 

純米吟醸

 

原材料   亀の尾、麹

酵母   山形酵母

精米歩合  55%

日本酒度   +4

酸度   1.3

アルコール度数 16度から17度

 

 

DSC01286

 

 

一度に呑む日本酒は2合程度に抑えていたのですが・・・

一升瓶に入っていた日本酒が残り少なくなってきました^^;

 

 

DSC01287

 

 

きき酒に使う利き猪口 に注いで、

色味を見てみると、少し琥珀色をしています。

 

味の方は、フルーティーな吟醸香、酸味は少なめ

 

(上喜元の純米吟醸と比べて)

 

なにより、杜氏が栽培にまで、こだわった米 「亀の尾」 使用なので、米の旨味が豊かでした^^

 

呑み方で、冷やと燗酒を試してみました・・・

どちらでも美味しいです!

 

冷やで呑むと 適度な酸味でフルーティーな味わい。

 

燗酒にすると甘みとコクが増し濃厚な味わい。

 

味と香りのバランスが良く、食中酒にしても美味しい日本酒でした^^

 

 

楽天市場・・・日本酒 純米吟醸 酒田酒造株式会社 上亀元 (じょうきげん) の詳細はコチラ

amazon・・・日本酒 上喜元 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク