日本酒 純米吟醸 酒田酒造株式会社 上喜元 (じょうきげん)雄町 の紹介をします。

 

地酒の生産地ですが、山形県酒田市です・・・

 

なので、

酒田酒造株式会社という会社名にもなっています。

 

創業は、昭和22年で、当時の5軒の造り酒屋が協同したのが、酒田酒造株式会社の始まりです。

 

しかし、

山形県酒田市とは・・・

 

山と酒と米という字が入ってて、日本酒のイメージにピッタリの市町村ですね^^

 

商品名の上喜元という名前の由来ですが・・・

 

呑むと、誰でも上機嫌になる事から  「上喜元」 の名がつけられました!

 

私は、

納得しました・・・

 

美味しいので^^

 

それもそのはず、

航空会社のJAL (ファーストクラス) でも、出されている日本酒なんです。

 

(大吟醸)

 

酒田酒造株式会社は、社長と杜氏を同時に兼ねている、

佐藤正一さんが大量生産せずに、こだわりを大事にしている酒造会社です。

 

なので、 「亀の尾」 という種類の米を、佐藤正一さん自ら栽培もしています・・・

 

材料って大事ですから^^

 

「亀の尾」 で造った日本酒には、「上亀元」 という名がつけられています・・・

 

今回紹介する 「上喜元」 とは違いますが、こだわりを伝えたかったので^^;

 

では、写真で紹介していきます。

 

 

DSC01302

 

 

使用している米は、玄米の状態から50%の大きさになるまで磨いた雄町米になります。

 

ちなみに、

精米歩合が50%以上60%以下の範囲は吟醸酒と呼ばれていますが・・・

 

日本酒って種類が多くて複雑ですね^^;

 

 

DSC01303

 

 

ラベルの色が、赤と金で縁起が良さそうです^^

 

 

DSC01304

 

 

この一升瓶も残り少なくなりました^^;

 

 

スポンサーリンク


日本酒のラベルに表記している日本酒度とは!?

 

 

DSC01306

 

 

ラベルに書かれている日本酒度ですが、数字が小さいほど甘口で、大きくなるほど辛口になります。

 

この、上喜元 (じょうきげん) 雄町は+1から+3なので、やや辛口の部類です。

 

酸度とは、酸味の事でなので、日本酒を選ぶ場合は、数値を参考にすると失敗が無いですよ^^

 

 

DSC01307

 

 

 利き猪口 に注いでるのが、 「上喜元」 雄町です。

 

色味は、若干ですが琥珀色で、濁りは無く、吟醸香は弱めでした。

 

肝心な味の方は、酸味も程よくあって、バランスが良い酒という印象で、呑み方は燗より冷やが美味しく頂けると思いました。

 

日本酒って、燗と冷やで大きく味が変わるのも面白いので試してくださいね^^

 

しかし、ホットビールとホットワインは苦手なんです^^;

 

 

楽天市場・・・日本酒 純米吟醸 酒田酒造株式会社 上喜元 (じょうきげん) 赤磐雄町 の詳細はコチラ

amazon・・・日本酒 上喜元 (じょうきげん) の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク