市販されている中華風の味付けをした「中華くらげ」・・・

 

「山の木くらげ」ではなく、

海に漂っている!?

 

泳いでいる「くらげ」です!

 

そして、

市販されている「中華くらげ」のパッケージ裏面を見ると、

原材料や保存料、着色料、増粘剤、化学調味料などが気になります^^;

 

ということで、

「中華くらげ」を手作りしてみました!

 

 

dsc07292

 

 

「業務用くらげ」の塩クラゲを使用しました。

 

同様に、

ワカメなども塩蔵されていますよね^^

 

しかし、

市販されているクラゲって・・・

 

少量しか入ってないのに高い!

 

この業務用なら、

一キロ入ってて、1500円程度で購入できました。

 

当然、

水で戻すと膨らむので、量も増えすごい量になり、

和食、中華などを問わず色々な料理へと使うことができますよ^^

 

 

dsc07293

 

 

袋から出した状態です。

 

常温で長期保存するための塩クラゲなので、

塩をまぶして水分を抜いています。

 

(大体の塩クラゲは、ウニでも使われるミョウバンも使っています)

 

そのままでは食べられないので、

水で戻していくのですが・・・

 

一度、水で戻してしまったら、

4日ぐらいで使い切るようにしましょう!

 

当たり前ですけど、

使う分だけ袋から出して使います。

 

しかし、

ジップロックって便利ですよね^^

 

 

dsc07295

 

 

プリプリに戻したクラゲです。

 

塩クラゲの戻し方ですけど、

食感や味が決まると言っていいほど大事です!

 

クラゲの種類によって、

多少、湯で時間や戻す時間が違ってきますが・・・

 

 

  1. 塩クラゲに付着している塩を洗い流す
  2. 80度くらいの熱湯で10秒ぐらい茹でて冷水で揉み洗いする
  3. 一晩水に浸けておく(一回ぐらいは水を変えた方がいいです)
  4. 水気を絞ってから料理に使います

 

 

味付けせずに保存する場合は、

水に浸けたまま保存してください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

水分が多いクラゲを水っぽくならない味付けする裏技!?

 

 

dsc07298

 

 

水で戻したクラゲは、

どうしても、水分を吸収して水っぽくなってしまいます。

 

味付けしてみたけど、

味が薄くなってしまったなんて事ありませんか!?

 

裏技では無いのですが、

和食の技法で「醤油洗い」と「酢洗い」という下処理をすると解決できます!

 

「醤油洗い」とは、

主に野菜類などに使われる方法で、

水分を軽く除いたものに醤油を加えてから、

更に絞ることで、水っぽさがなくなり、下味がついて味がまとまります。

 

「白和え」に最適ですよ!

 

「酢洗い」も「醤油洗い」と同様に、

酢を使って、水っぽさと癖が取れるので、

主に魚介類などに使われる方法です。

 

クラゲの場合は・・・

 

酢を使う調理方なら、

どちらの方法でも構わないと思います。

 

「醤油洗い」か「酢洗い」の下処理をしたら、

「中華くらげ」の味付けをしていきましょう。

 

  • 醤油
  • 味醂
  • 砂糖
  • 胡麻
  • 唐辛子
  • ごま油

 

お好みで、

「味の素」や「鶏がらスープの素」などを加えてみたり、

自分好みにしてみてください^^

 

 

dsc07300

 

 

味付けして、

一晩たった状態の「中華くらげ」です。

 

最低でも、

3時間ぐらいは置いて、味を馴染ませたほうが美味しくなります。

 

見てわかるかと思いますが、

市販のものより、大ぶりで分厚く食べごたえがありますよ!

 

クラゲを食べてるわ~と実感^^

 

 

dsc07299

 

 

「中華くらげ」のアレンジ料理というか、

定番の「中華くらげ」を使ったサラダのような和え物です。

 

濃い目の塩で茹でて水分を切ったモヤシと、

千切りにしたキュウリを塩水に30分つけて水分を絞ったものを混ぜただけですが・・・

 

これ、

美味しいんですよね^^

 

 

食べごたえもあってカロリーも低いクラゲ!ダイエットにも最適!?

 

 

dsc07302

 

 

クラゲって、

カロリーも低く、食感もあるので・・・

 

ダイエット食にも、

最適なクラゲ!?

 

残念ながら、

カロリーオフのビールは飲まないのですけども^^;

 

 

dsc07303

 

 

酒器は、

 

チタンタンブラー・・・ワインカップ シャンパンカップ サスギャラリー 「ゴブレット」

 

焼酎や泡盛の水割り、ビール、ワイン、シャンパン・・・

コーヒーにジュースや牛乳などにも万能に使えてしまう酒器です。

 

私が持っている酒器の中でも、

一番、出番が多く日常的に使っている理由の一つ・・・

 

使い込んでいますよ!

 

それから、

まだ、クラゲが大量に余っているので、

次は、和風に「クラゲの酢の物」を作る予定です^^

 

 

楽天市場・・・塩くらげ の詳細はコチラ

amazon・・・塩くらげ の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク