今回は、

ローストビーフを作ってみました。

 

ローストビーフって作るのが難しいと思われているかも知れませんが、

意外と簡単に作れて美味しいんですよね^^

 

牛のブロック肉を使って豪快に作ってみませんか!?

 

 

ローストビーフの材料

 

  • 牛肉
  • 香味野菜 (くず野菜でいいです)
  • 黒胡椒
  • ハーブ (お好みで)
  • オリーブオイル
  • ブランデー

 

 

DSC02537

 

 

1キロのオーストラリア産牛モモ肉を使いました。

 

モモだから脂肪分が少なく、

肉々しい感じに出来上がります。

 

冷蔵庫から出したばかりの肉を使わず、

中心まで常温に戻してから使いましょう!

 

焼けても中心が冷たいままで、

中まで火が通らず生焼けになってしまいますので^^;

 

 

DSC02538

 

 

塩、胡椒は多すぎだろうと思うぐらいの量を肉に擦り込みます。

 

ハーブなどは、

お好みの物を使ってください・・・

 

ちなみに、

ローズマリー、タイムを使いました。

 

この段階で、

タコ糸などで成形したりしますが簡単に済ませました!

 

 

スポンサーリンク


ローストビーフで一番大事なポイント!?

 

 

DSC02540

 

 

これを、

しないとローストビーフにはならないと言っても過言ではありません!

 

それは、

単純な事ですが、加熱したフライパンにオリーブオイルを入れて馴染ませ・・・

 

しっかりと、

強火で全面を焼くことです!

 

表面を焼く事で肉汁を閉じ込めて、

ある程度の型崩れも防ぐ事ができます^^

 

タコ糸で縛らなくても別に問題ない程度に!?

 

 

ローストビーフでミディアムの焼き加減にするには!?

 

 

DSC02541

 

 

表面を焼いた後は、

ジックリとオーブンで焼いていきます。

 

220度に余熱した天板に、香味野菜(くず野菜で大丈夫)を敷き、

肉を置いて好きなバーボンをかけて焼きました^^

 

ちなみに、

使用したくず野菜は・・・

 

パセリの茎、タマネギ、ニンジン、カブ、大根です。

 

 

DSC02551

 

 

220度で40分焼いた状態です。

 

1キロ前後のブロック肉の場合だと、

30~35分ならミディアム・レアに、

35~40分だとミディアムぐらいになると思います。

 

これを、

ホイルで包み余熱で中まで火を通します・・・

 

焼きたてで熱々のままの状態で切ると、

肉汁がでて旨味の少ないパサパサしたローストビーフになってしまいますので注意を^^;

 

 

DSC02577

 

 

中の火の通り具合が気になりますよね!?

 

カービングフォークとカービングナイフを使って切っていきます!

 

使用しているのは・・・

 

カービングフォーク・・・グローバル GF-24 と、

カービングナイフ・・・グローバル GF-37 です。

 

 

DSC02578

 

 

お好みの厚さに切れるのも、

手作りならではの醍醐味です^^

 

切る際には、

写真のように・・・

 

肉の繊維と直角になるように切らないと、

硬くて食べにくいローストビーフになってしまいます!

 

 

DSC02552

 

 

オーブンに敷いた香味野菜でソースを作ります。

 

最初に肉を焼いたフライパンに、

オーブンの天板の肉汁と香味野菜を入れ、

赤ワイン、バルサミ、醤油、ハチミツを入れて煮詰めて漉し、

バターと薄力粉を炒めてホワイトソースを作り、

煮詰めてブラウンソースにしたものを混ぜて作りました。

 

 

DSC02586

 

 

和牛よりコクの少ないオーストラリア産の牛なので、

ブラウンソースでコクを足したという訳です^^

 

 

DSC02591

 

 

ローストビーフの端をローストビーフサンドにすれば美味しく食べられますよ^^

 

SUBW◯Yより美味しいかも!?

 

 

DSC02588

 

 

お酒は・・・

 

赤ワイン コノスル マルベック にしました。

 

安価なのでソースにも使っています^^

 

 

DSC02587

 

 

酒器は・・・

 

ワイングラス・・・バカラ アルクール 「ゴブレット」

 

しかし、

赤身肉と赤ワインは合いますよね!

 

男料理の豪快なローストビーフになりました^^

 

 

楽天市場・・・ローストビーフ の詳細はコチラ

amazon・・・ローストビーフ の詳細はコチラ

 


スポンサーリンク