世界ブランドの豚といえば、

生ハムなどでも知られている・・・

 

スペインのイベリコ豚ですよね!

 

スペイン原産の「どんぐり」を餌にしているイベリコ豚にも、

日本の牛肉でA◯というような格付けがあります。

 

ベジョータ>レセボ>セボがあり、

ベジョータが最高級です。

 

イベリコ豚の血統75~100%のものしか、

ベジョータとして扱われません!

 

 

DSC03526

 

 

イベリコ豚の肩ロースブロックです。

 

よく見るピンク色のような白っぽい豚肉と違って、

赤身が強いのが特徴!

 

 

DSC03527

 

 

この脂が美味しいんです!

 

「どんぐり」を食べて育ったイベリコ豚は、

不飽和脂肪酸のオレイン酸が豊富・・・

 

甘くてサッパリとした脂なので、

食べて美味しい理由でしょうね^^

 

 

DSC03528

 

 

下味も色々とありますが・・・

 

砂糖を刷り込んでから

塩、ニンニク、ハーブ類のローズマリーやセージ、オリーブオイルを塗ってジップロックに入れ、

冷蔵庫で一日馴染ませました。

 

 

スポンサーリンク


ローストポークは中心まで常温に戻してから焼くとジューシーに!

 

 

DSC03579

 

 

焼く前に・・・

 

外だけが焼けすぎてパサパサなのに、

中心は生焼けで失敗なんて事ありませんか!?

 

下味をつけた肉を冷蔵庫から出したら、

室温で1時間ほど放置して、中心まで常温に戻すことで解決できますよ^^

 

それでは、

少量の油をひいたフライパンで表面のみ焼き固めて、

肉汁の旨味が外に逃げないようにしましょう!

 

(焼いた後のフライパンでソースを作ると美味しいです)

 

 

ローストポークは低温調理と予熱で失敗知らずで美味しい!

 

 

DSC03595

 

 

肉の大きさにもよりますが、

オーブンの設定温度を110度から120度にして、

しっかりと天板も予熱してください。

 

予熱が完了したら、

天板にクズ野菜(セロリの葉、ニンジン)などを敷いてから、

その上に先程の表面だけを焼いたイベリコ豚を乗せ

付け合せのタマネギやジャガイモにオリーブオイルをふって1時間ぐらい加熱します。

 

(ジャガイモやタマネギは、肉を予熱で火を通している間に火を通してください)

 

途中、

一回ぐらいはひっくり返して万遍なく焼く!

 

焼き終えたら、

アルミホイルで包んで40分ほど予熱で火を通して完成です。

 

 

DSC03598

 

 

低温でローストして予熱で火を通すことで、

柔らかくジューシーな仕上がりになりますよ^^

 

それから、切る際には、

肉を休ませてから切らないと、

旨味の肉汁が流れ出てしまうので注意してください。

 

 

DSC03599

 

 

ちなみに、

使用している包丁は、

グローバル・プロ(生産終了)のカービングナイフとカービングフォークです^^

 

今では・・・

 

レア物になっている!?

 

 

DSC03600

 

 

切れる包丁で切ると断面も綺麗になります。

 

そして、

ジューシーな仕上がりでしょ!?

 

旨味の肉汁を閉じ込めた状態です^^

 

 

DSC03622

 

 

クレソンなどを添えて、

お皿に盛り付けてみました。

 

フライパンで焼いた際の脂を使って、

ハニーマスタードソースも作ったのに・・・

 

岩塩と黒胡椒だけで十分な美味しさでした^^;

 

 

DSC03624

 

 

自分で作る醍醐味・・・

 

薄くも極厚にしたりも自由に^^

 

 

DSC03625

 

 

火は中心まで通っているのに、

シットリとジューシじゃないと美味しくない・・・

 

 

DSC03627

 

 

伝わったでしょうか!?

 

シンプルに美味しいですよ^^

 

 

DSC03607

 

 

お酒は、

 

白ワイン・・・チリ産 モンテス・アルファ 「シャルドネ」

 

酒器は、

 

ワイングラス・・・バカラ 「アルクール」 ゴブレット

 

ソムリエナイフ・・・アスロ 「ローズウッド仕様ダマスカスブレード」

 

ローストポークなら・・・

 

白ワインでも、

赤ワインでも美味しく楽しめます!

 

しかし、

ビールに焼酎や泡盛でも合う酒泥棒でした^^;

 

 

楽天市場・・・イベリコ豚 の詳細はコチラ

amazon・・・イベリコ豚 ベジョータ の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク