薄いハムカツと、

分厚いハムカツ・・・

 

どちらが好みですか!?

 

私は、

分厚いハムカツが好みです^^

 

 

dsc07758

 

 

分厚いハムって美味しいですけど、

万能に使うなら薄いハムの方が優れています。

 

分厚いハムを使ったハムカツ の記事はコチラ

 

塵も積もれば山となる!?

 

薄いハムでも重ねれば、

好みの厚さにもできますし、

 

何かを巻いたりもできますからね^^

 

 

dsc07759

 

 

ということで、

薄いハムを重ねてチーズを挟んで・・・

 

分厚い極厚チーズハムカツを作っていきます^^

 

 

チーズハムカツ作りに便利なセルクル!?

 

 

dsc07776

 

 

チーズの形がハムの大きさに合いません・・・

 

スライスチーズを三枚重ねて、

セルクルで切り抜きました。

 

セルクルって何かと使えて便利な調理道具ですので、

様々なサイズを揃えています。

 

残った枠のチーズは、

朝食のトーストなどに使えば無駄になりません^^

 

 

dsc07777

 

 

薄いハムを好みに重ねて、

薄いチーズを好みに重ねて挟むと・・・

 

お好みの分厚いチーズハムカツになります^^

 

 

バッター液でチーズハムカツを簡単で綺麗に!?

 

 

dsc07778

 

 

ハムカツにはパン粉を付けるのは絶対!

 

 

スポンサーリンク

 

 

薄力小麦粉~卵液~パン粉の普通な作り方では、

ハムに衣やパン粉が付きにくいのですよね^^;

 

しかし、

バッター液を使えば解決できます!

 

バッター液とは、

全卵、薄力小麦粉、牛乳か水、を混ぜ合わせたものです。

 

割合的には、

全卵一個に対して、薄力小麦粉1、牛乳か水1を、

ホイッパーでダマが無くなるまで混ぜ合わせれば完成です。

 

後は、

ハムにバッター液をつけ、パン粉をつけて揚げるだけ・・・

 

バッター液を使うことで、

小麦粉をハムに付ける手間を省けるという利点もありますよ^^

 

 

dsc07781

 

 

既に火の通っているハムなので、

表面を180度くらいの高温で短時間に仕上げます。

 

あまり温度が低いと、

衣が固まらずにバラけやすいので注意してください。

 

油から上げる際には、

箸などで掴んで上下に三回ほど降って油切りしましょう!

 

 

dsc07782

 

 

揚げたてのチーズハムカツを、

包丁の背を叩いて一息に切ると・・・

 

とろけるチーズが溢れてきます!

 

とろけてますよね^^

 

 

dsc07783

 

 

フライやカツには千切りキャベツが欠かせません!

 

キュウリも飾り切りすると、

見た目にも面白いですよ^^

 

 

dsc07787

 

 

お好みで・・・

 

関西人なら、

ソース派が多いでしょう!

 

チーズとソースの相性も良いですから^^

 

 

dsc07789

 

 

チーズハムカツを、

キンミヤで割ったホッピーで流し込みます^^

 

焼酎・・・甲類 宮崎本店 「キンミヤ」 の記事はコチラ

 

キンミヤ、ホッピー、グラスを冷やした・・・

 

通称、

三冷なのでキンキンに冷えた状態です!

 

 

dsc07790

 

 

酒器も、

ホッピー専用のグラスにしてみました!

 

何故か、

無性にハムカツを・・・

 

たまに、

食べたくなるんですよね!

 

そして、

食べたいときが食べ時で美味しい^^

 

 

 

楽天市場・・・ホッピービバレッジ株式会社 「ホッピー」 の詳細はコチラ

amazon・・・ホッピービバレッジ株式会社 「ホッピー」 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク