ニガウリ・・・

 

本場の沖縄ではゴーヤーと呼ばれています。

 

そして、
ゴーヤーを使った定番の料理は何と言っても、
ゴーヤーチャンプルー!

 

ちなみに、
チャンプルーの意味は「ごちゃ混ぜ」です。

 

沖縄の人は語尾を伸ばすんですよね~

 

島人のユッタリとした風土ならではでしょう^^

 

という訳で、
ゴーヤーチャンプルーを作っていきます~

 

 

DSC06466

 

 

沖縄の人が好きなのがツナやスパムなどの缶詰、
お店ではケース売りが普通だそうです!

 

今回の材料は・・・

 

  • 島豆腐が無いので水切りした木綿豆腐
  • 豚バラ肉
  • ポーク(スパム)
  • ゴーヤー
  • ニンジン(しりしりしたニンジン)
  • 鰹昆布出汁
  • 胡椒
  • 薄口醤油
  • 鰹節
  • オイスターソース
  • サラダ油

 

出汁は鶏ガラや豚骨など、
お好みの出汁で作ってみてください。

 

 

スポンサーリンク


ゴーヤーチャンプルーは炒め物ではなく炒め煮!?

 

 

DSC06468

 

 

熱した中華鍋にサラダ油を入れ、
豚バラとポークを炒めて油に肉の旨味を移し・・・

 

 

DSC06469

 

 

肉の旨味が出た油で豆腐を焼き目がつくまで炒め・・・

 

 

DSC06474

 

 

野菜を加えて油が全体に馴染んだら、
鰹昆布出汁、塩、胡椒、薄口醤油、オイスターソースで少し濃い目に味付け(最後に溶き卵を入れるため)・・・

 

ゴーヤーチャンプルーは野菜炒めのような炒め物ではなく、
出汁汁を使って炒め煮にしたものなのです!

 

鍋底に出汁が入っているのがわかるでしょうか!?

 

 

DSC06475

 

 

残った出汁を溶き卵に吸わせる・・・

 

溶き卵を入れて軽く混ぜ合わせたら完成です!

 

 

DSC06476

 

 

器に盛り、
仕上げに鰹節をバサッと豪快に入れ・・・

 

 

DSC06477

 

 

どうでしょう!?

 

ゴーヤーや野菜がシナシナにならないようにするのがポイントです。

 

炒め過ぎ煮過ぎは禁物!

 

 

ゴーヤーチャンプルーを食べるなら泡盛かオリオンビールで!

 

 

DSC06478

 

 

お酒・・・

 

ゴーヤーチャンプルーとくれば、
沖縄の泡盛かオリオンビールで決まり!

 

雰囲気や気分って大事ですから^^

 

 

DSC06479

 

 

海人・・・

 

涼し気な雰囲気が良いですよね~

 

ゴーヤーの苦味が夏場に欲しくなる!

 

これで、
夏バテも解消される事でしょう^^

 

 

楽天市場・・・沖縄 泡盛 の詳細はコチラ

amazon・・・沖縄 泡盛 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク