自家菜園で収穫したカボスが黄色く熟していたので・・・

早く使わないと^^;

 

ということで、幽庵焼きを作ってみました。

 

幽庵焼きと言っても・・・

柚庵焼き (柚子の意味)とか、祐庵焼き (考案した茶人の名前が北村幽安)、とも漢字で書かれます。

 

主に使われるのは幽庵焼きになると思いますが^^;

 

どんな料理なのか簡単に言うと、醤油、味醂、酒を同じ割合で混ぜたタレに、

輪切りにした柚子やカボスを入れ、材料 (鶏肉、白身の魚)を一日程漬けこんだ和食料理です。

 

鶏もも肉の幽庵焼きの材料

 

  • 鶏もも肉 (筋を切り、一口大に切る)
  • 漬け込みタレ (醤油、味醂、酒を同じ割合で混ぜたもの)
  • 柚子 (今回は、自家菜園で収穫したカボスを使いました)

 

 

DSC01749

 

 

上記の物を漬けた状態です。

 

 

スポンサーリンク


家庭で簡単に作れる鶏モモの幽庵焼き!?

 

 

では、
幽庵地に漬けた鶏もも肉を焼いていきますよ^^

 

  1. 味醂が入って焦げやすいので、クッキングシートなどを敷いて焼きます。 (フライパンでも、オーブンでも)
  2. 表面のタレが乾燥してきたら、タレを更に塗って艶をだします。
  3. 付け合せと一緒に、お皿に盛り付けると完成です。

 

付け合せは、冷蔵庫の中に余っていたピーマンのお浸し、ミニトマトです。

 

ピーマンのお浸しの作り方

 

  1. ピーマンを細い短冊状に切り (縦に切ると歯応えが残る、繊維に逆らって切ると柔い食感)
  2. お湯でサッと湯通し、醤油、ゴマ油、砂糖、鰹節を混ぜるだけ

 

 

DSC01809

 

 

完成したものを盛り付けてみました^^

 

日本酒の純米酒 と、

お気に入りの酒器 輝変金志野 (鈴木富雄さん作 志野焼のぐい呑) も一緒に^^

 

 

DSC01811

 

 

幽庵焼きは、脂のある素材と相性が良いと思います。

 

鶏肉や、脂のある白身の魚などを、アッサリと食べられますし^^

 

 

DSC01810

 

 

もちろん、お酒との相性も抜群で美味しく頂きました^^

 

後半は、お酒が泡盛に変わりました・・・

ピーマンのお浸しを肴に!

 

日本酒は・・・

お米の変わりですから^^;

 

 

楽天市場・・・日本酒 純米酒 初孫 (はつまご) 生もと純米酒 の詳細はコチラ

amazon・・・日本酒 純米酒 初孫 (はつまご) の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク