硬くない柔らかでジューシーな鶏もつ煮込みの作り方

 

 

下町の味といえば、
もつ煮込みですよね~

 

モツは肝臓や腸などの内臓でホルモン、
放らないで無駄なく食べないといけません。

 

レバーやハツなどは鉄分が豊富に含まれており、
女性に多い貧血気味の方には特にオススメ!

 

鮮度が良ければ刺身で食べられますけど、
そのうち、生肉の全てが低温調理したものしか提供できなくなるような時代になるかも!?

 

以前に、
豚の大腸と小腸を使ってモツ煮込みを作りました・・・

 

 

https://酒器で美味しくなるお酒.jp/%e6%96%99%e7%90%86/%e8%82%89%e6%96%99%e7%90%86/%e8%b1%9a%e8%82%89%e6%96%99%e7%90%86/%e8%b1%9a%e3%81%ae%e5%a4%a7%e8%85%b8%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%a2%e3%83%84%e7%85%ae%e8%be%bc%e3%81%bf/

 

 

小腸より大腸の方が肉厚な食感で食べ応えがある!

 

 

https://酒器で美味しくなるお酒.jp/%e6%96%99%e7%90%86/%e8%82%89%e6%96%99%e7%90%86/%e8%b1%9a%e8%82%89%e6%96%99%e7%90%86/%e8%b1%9a%e3%83%a2%e3%83%84%e3%81%ae%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e7%85%ae%e8%be%bc%e3%81%bf/

 

 

小腸は大腸より肉厚が薄いので、
柔らかくとろける食感になりました。

 

そして、
今回は、鶏のモツを使ったモツ煮込みを作ります。

 

写真が苦手な方は見ないでください・・・

 

グロ注意です!

 

それでは・・・

 

 

臭みのない鶏モツ煮込みの下処理とは!?

 

 

DSC06392

 

 

鶏のホルモン・・・

 

キンカン(卵になる前)、卵管、肝、心臓を用意しました。

 

下処理として水洗いして、
熱湯をかけて霜降りすると臭みも取れます。

 

ヌメリは臭みの素になり、
煮ていくとアクも出てくるので丁寧に下処理してください。

 

それから、
大事なのが・・・

 

 

鶏モツ煮込みは煮汁を煮詰めてから入れると柔らかく仕上がる!?

 

 

DSC06394

 

 

モツを入れて煮る前に、
煮汁を煮詰めておく事です!

 

煮汁の材料は、
濃口醤油、日本酒、味醂、砂糖、ショウガ、ニンニク、長ネギを入れて・・・

 

甘辛い味がモツに合いますので甘めに味付け!!

 

艶が出て、
とろみが付く程度まで煮詰めておいてください。

 

何故なら・・・

 

 

DSC06395

 

 

鶏は豚などのホルモンより、
火が通ると硬くなりやすい!

 

 

DSC06396

 

 

カチカチな煮込みは嫌ですよね^^;

 

鶏モツを柔らかく仕上げるために煮汁を煮詰めておき、
濃い味をサッと合わせて短時間で作る事で柔らかくジューシーに仕上がりますよ^^

 

盛り付けていきましょう~

 

 

DSC06407

 

 

葉物を敷いて盛り付け、
刻んだネギと糸唐辛子で飾りました。

 

 

DSC06406

 

 

艶艶ですね^^

 

 

DSC06412

 

 

お酒は泡盛でガツンと!

 

 

DSC06414

 

 

甲府のB級グルメの鶏モツ煮込み・・・

 

自分で作れますよ!

 

それから、
作った後に思ったのですけど、
鶏モツ煮込みは赤ワインとも合うので・・・

 

煮汁を作る際に、
日本酒の代わりに赤ワインを使うのも美味しそうだなと思いました^^

 

 

楽天市場・・・鶏モツ ホルモン の詳細はコチラ

amazon・・・モツ煮込み の詳細はコチラ