なめろう・・・

 

酒泥棒な奴です^^

 

カンパチのなめろうの記事へ

 

天使の海老のなめろうの記事へ

 

何でも、

「なめろう」にしてしまおうシリーズも継続していきます!

 

今回は、

数あるイカの中でも一番馴染み深いイカのスルメイカ(真イカ)!?

 

を使って、

「なめろう」を作ります。

 

 

DSC05771

 

 

スルメイカ(真イカ)です・・・

 

よく見るイカですよね!?

 

赤いものほど鮮度が良く、

逆に白くなったものは鮮度が落ちています・・・

 

赤くて目にハリがあるものを選びましょう!

 

少し、気持ちの悪い話になりますが・・・

 

スルメイカには細長いアニサキスや、

米粒みたいなニベリアといった寄生虫がいる事が多いのも忘れてはなりません。

 

ニベリアは、人体に寄生する事も無いので、

食中毒の影響を与える事はない(気持ち悪いので取り除く)ですが、

アニサキスは、人体に寄生はしませんが、

気をつけないとアニサキス症という食中毒を起こしてしまいます。

 

アニサキスの見つけ方は、

皮を剥いで光に透かすと細くて白い1センチ程の物なので目視でも良く解ると思います。

 

そして、

アニサキスの撃退法ですが、

取り除く、切る、マイナス20度で24時間以上の冷凍、70度以上の加熱などで撃退できます!

 

また、

アニサキスはイカ、サバ、アジ、サケ、タラ、ニシンにも寄生するので気をつけましょう。

 

 

スポンサーリンク


馴染み深いアタリメの材料はスルメイカ

 

 

DSC06552

 

 

スルメイカを干すと、お馴染みのアタリメになります!

 

数あるイカの中でも、一番馴染み深い訳ですよね^^

 

少し話しが逸れてしまいましたが・・・

 

本題の「スルメイカのなめろう」を作っていきます。

 

 

スルメイカのなめろうの作り方

 

 

DSC00566

 

 

皮を剥いで、

キッチンペーパーや布巾などで拭き、薄皮を取って綺麗に掃除した状態です。

 

後は、

刺身やイカ素麺のように細く切って、更にみじん切りのように細かくし、

薬味の味噌、紫蘇、ショウガ、ニンニク、ネギ、ゴマなど好みの分量を混ぜあわせて完成です。

 

 

DSC00571

 

 

スルメイカのなめろうが完成しました。

 

ちなみに、

レモンは自家菜園で収穫したものです^^

 

 

DSC00574

 

 

お酒は・・・

 

泡盛 崎山酒造廠 「松藤」 粗濾過

 

粗濾過とありますが、

米ぬかのなどの雑味は無くて旨味の濃い泡盛でした。

 

新酒なのに、

そのまま呑んでも美味しいと思います^^

 

 

DSC00575

 

 

酒器は・・・

 

ロックグラス・・・薩摩切子 新・薩摩切子 「二色被せタンブラー」 

 

江戸切子の鋭く浅いカットと違って、深いボカシの効いた柔らかなカットが印象的な薩摩切子です。

 

しかし、

なめろうは呑める肴・・・

 

酒泥棒に違いありません^^

 

 

楽天市場・・・ロックグラス 薩摩切子 の詳細はコチラ

amazon・・・薩摩切子 の詳細はコチラ

 


スポンサーリンク