自家菜園でムクナ豆を育てて収穫しました。

 

ムクナ豆はパーキンソン病、

アルツハイマー病に効果がある食材で健康食品 としても注目されているそうです。

 

パーキンソン病は神経伝達物質のドーパミンが不足して、

脳からの信号が筋肉に伝えられなくなる病気ですが、

ドーパミンの原材料になるLドーパという成分が豊富に含まれるムクナ豆から補充する事で、

パーキンソン病の改善に効果がある そうです!

 

他にも、

アルツハイマー病、うつ病、末端冷え性など手足の冷え、疲れの改善、にも効き目がある万能薬です。

 

体温を温めるのが効き目なのかな!?

 

しかし、

Lドーパ製剤という成分を凝縮した薬もあるのですが・・・

 

天然の栄養素で補充できたら最高だなと思って、

ムクナ豆を自家菜園で育てていたという訳です^^

 

しかも、

ムクナ豆は健康食品に留まらず、将来の食糧危機をも救う!? 

 

と言われるほどに、

他の豆類よりも収穫量が桁違いに多い です。

 

では、

写真で紹介していきます。

 

 

DSC04421

 

 

ムクナ豆の種を20粒植えて、苗になって収穫できたのは・・・

 

 

たった、

一つの苗だけでした^^;

 

ムクナ豆の栽培は初めてだったので、

失敗するのも当然だなと思っていたのですが・・・

 

繁栄力というか収穫量が半端ではなかった のです^^;

 

一つのムクナ豆の苗から、写真の横幅40センチのバットで14倍程も収穫できた のですから驚きますよね!?

 

なので、

収穫した全ての量を写真に映す事ができません・・・

 

良い意味で期待を裏切ってくれました!

 

畑の写真は撮っていなかったので無いのですが^^;

 

 

DSC04422

 

 

ムクナ豆の大きさはソラ豆ほどあり、

皮は柔らかくて毛が生えています。

 

表皮を手で擦ると剥けるぐらいですが、

皮が厚くて丈夫です。

 

 

DSC04443

 

 

生のムクナ豆を剥いた写真です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

豆の粒自体は白い状態で普通と思いきや!?

 

 

 

 

炭火コンロ SOTO 新富士バーナー デュアルグリルを使って、

ムクナ豆をツマミにするため炭火焼きした動画 を撮りました。

 

新富士バーナー SOTO デュアルグリル の記事はコチラ

 

コレ・・・

便利な道具なんです!

 

 

DSC04554

 

 

このように、

焼いたりして加熱されたムクナ豆は色が变化します!

 

 

DSC04566

 

 

加熱したムクナ豆の実は、綺麗な淡い紫色に変化するんです!

 

焼いたり、茹でたり、蒸したり、電子レンジで加熱しても紫色に変化しました。

 

(写真右上が薄皮付き、写真左下が薄皮を剥いたもの)

 

気になるムクナ豆の味はというと・・・

 

 

ソラ豆を少し苦くしたような味で普通に美味しいんですよね!

 

ムクナ豆は健康食品でもあり美味しい食材 でした^^

 

 

DSC04555

 

 

今回の酒器は、

熊野九郎右ヱ門さんの熊志野で統一 しました。

 

大振りすぎる豪快なぐい呑・・・「熊志野ぐい呑」 

 

熊志野ぐい呑にも負けない豪快な徳利・・・「熊志野徳利」 

 

ちなみに、

一番お気に入りの酒器です!

 

コレで飲む酒は美味しくて雰囲気もあり・・・

 

堪りません^^

 

ただ、

美味しくなるので呑み過ぎには注意しないといけませんが^^;

 

 

DSC04565

 

 

どうでしょうか・・・

 

お酒が美味しそうに見えませんか!?

 

お酒は呑むと無くなりますが、酒器は一生物 になり、

何度でも、贅沢な気分を味わえますよ^^

 

ということから、

素朴なツマミには・・・

 

味というか趣のある酒器が欠かせません^^

 

 

楽天市場・・・ムクナ豆 の詳細はコチラ

amazon・・・ムクナ豆 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク