自家菜園で収穫した渋柿・・・

名前の通り、そのまま食べると渋いです!

 

先人の知恵とはいえ、

よく渋柿を食べようとしたもんですよ^^;

 

 

DSC01447

 

 

干すと渋みが甘みに変わってドライフルーツになりますよね^^

 

 

DSC02331

 

 

冷蔵庫に干し柿を放置していたら縮んでしまいましたが^^;

 

 

スポンサーリンク

ワイルドターキーと干し柿は美味しい組み合わせ!?

 

 

今回のお酒・・・

ウィスキーには、ナッツ系、チョコレート、ドライフルーツなどの相性が良いので、バーボンウィスキーを選びました。

 

銘柄は、アメリカのケンタッキー州にあるワイルドターキー12年ですが、

比較的安価で非常に美味しいウィスキーです^^

 

アイゼンハワー大統領をはじめ、アメリカの歴代大統領が愛飲していたウィスキーとして有名になりました。

 

今回のワイルドターキーは12年物で、味が深く、まろやかで香りが良く(バニラと、オーク樽の香り)・・・

ボトルを開けただけで、甘く香ばしい匂いからワイルド・ターキーとわかる香りがしますよ!

 

この豊かな香りが、蒸溜所責任者 で職人の ジミー・ラッセル さんのこだわりです。

 

しかし、12年物より安価な8年物も、十分に美味しいんです・・・

私は、12年ものより8年物のほうが甘みを強く感じました。

 

なので、好みで選ぶと良いと思います^^

 

 

DSC02334

 

 

ウィスキーを 江戸切子のロックグラス に注ぎましたが・・・

なかなか綺麗では無いでしょうか!?

 

肝心な味の方ですが・・・

当然に美味しいですよ!

 

手作りの干し柿との相性も抜群で、酒器の色味との相乗効果ですね^^

 

しかし、

ワイルド・ターキーを最初に呑むときは、ストレートで呑んで見てください!・・・

なぜなら、本当に美味しいですから!

 

アルコール度数が50度ありますが^^;

 

 

楽天市場・・・ウィスキー ワイルド・ターキー 12年 の詳細はコチラ

amazon・・・ウィスキー ワイルド・ターキー 12年 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク