採りたての!?

 

掘りたての!?

 

新鮮な蓮根を頂いたので、

定番の酢蓮根(酢蓮)にしたのですが・・・

 

酢蓮根 (酢蓮) の記事へ

 

蓮根で海老と大葉を挟んで揚げるのも、

美味しいんですよね^^

 

蓮根は油との相性も良いですから、

間違いありません!

 

 

蓮根を部分的に使い分ける!?

 

 

dsc07876

 

 

蓮根のはさみ揚げに使う場合は、

太さが同じような部分を使うと大きさが綺麗に揃います。

 

先端の細い部分などは、

酢蓮根、キンピラなどに使ってください。

 

 

dsc07903

 

 

海老と大葉を挟んで揚げます。

 

バナメイエビを使用していますが、

どんな海老でも構いません。

 

殻と背ワタを取り除いたら、

塩と片栗粉に少量の水を加えて揉み洗いして水気を拭き取ってください。

 

下処理は大事です!

 

 

dsc07906

 

 

殻を剥いた後に背ワタを取るのは忘れないでくださいね・・・

 

このように、

包丁で叩いた後では・・・

 

背ワタを取り除くのが不可能になってしまうので^^;

 

 

dsc07908

 

 

叩いた海老に、

塩、薄口醤油、日本酒、おろし生姜、大葉の千切り、卵白、片栗粉を加えて揉み込んでいくと・・・

 

 

dsc07909

 

 

粘りが出て、

挟みやすくなった海老の餡ダネの完成です。

 

それでは、

蓮根に挟んでいきましょう^^

 

 

蓮根のはさみ揚げの作り方!?

 

 

dsc07910

 

 

蓮根を5ミリくらいの厚さに切って、

酢水でさっと洗って水気を拭き取ったものを使いました。

 

蓮根の両面に片栗粉をまぶして、

余分な片栗粉をはたき落としてから、

餡を挟んでギュッと押し込みます。

 

(刷毛で片栗粉をまぶしたほうが綺麗にできます)

 

そして、

重要なのが・・・

 

挟み込んだ後の側面にも片栗粉をつける事です!

 

剥がれるのを防止できて、

油ハネも軽減できますので^^

 

 

dsc07911

 

 

揚げていきましょう・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

170~180度くらいで、

お好みの色具合になるまで揚げてください。

 

片面1分30秒から2分でひっくり返す程度で火が通ると思います。

 

 

dsc07913

 

 

ということで、

お好みの具合に揚げたら完成です。

 

万能に使える小鹿田焼!?

 

大分県日田市の小鹿田地区で焼かれる「小鹿田焼」の皿に、

自家菜園で収穫したばかりのレモンを添えました^^

 

 

dsc07916

 

 

 

 

プリプリの海老に大葉の香りと蓮根のサクホク感!?

 

岩塩にレモンをキュッと絞ってどうぞ^^

 

ちなみに、

大きさが不揃い、切る際に割れてしまったなどで余った蓮根は、

素揚げにしても抜群に美味しいですので無駄なく全て使えます。

 

さぁ、

呑んでいきましょう!

 

 

dsc07920

 

 

お酒は、

 

焼酎・・・芋焼酎 黄金酒蔵 「蘭」

 

そうそう、

蓮根も芋と同じように、

焼いて食べても美味しいそうですよ!

 

アルミホイルに包んでガスグリルなどで焼くだけと簡単^^

 

 

dsc07921

 

 

酒器は、

 

湯呑み・・・志野焼 鈴木富雄 作 「輝変金志野湯呑」

 

俗に言う、

湯呑み酒ですけど・・・

 

お湯割りに最適なのが湯呑み!

 

しかし、

蓮根も何に料理しても美味しく万能ですよね^^

 

 

楽天市場・・・「小鹿田焼」 の詳細はコチラ

amazon・・・「小鹿田焼」 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク