イカの塩辛って、

酒の肴に抜群ですよね!?

 

主な材料として使われているのは、

スルメイカ(真イカ)なのですが・・・

 

イカの王様とも言われるアオリイカ(ミズイカ、モイカ)で塩辛を作ってみました!

 

市販では、

アオリイカの塩辛などないので^^;

 

肉厚な食感と上品な甘みを感じられ、

贅沢な味わいです。

 

自分で作れば、

どんなイカでも塩辛にできてしまいます^^

 

 

アオリイカ 釣りたてはエメラルドのアイシャドー

 

 

活きているアオリイカの写真です。

 

新鮮なものは、

目の上に綺麗なアイシャドウが映えています^^

 

 

dsc07313

 

 

アオリイカを捌いた状態です。

 

イカの塩辛にするので、

写真の左側のエンペラ手前部分のように、

皮がついていてもかまわないかと思いますが、

全て綺麗に取り除き・・・

 

刺身にできる状態までしてから使いました。

 

 

アオリイカの薄皮は硬くて噛み切れない食感!?

 

 

dsc07321

 

 

刺身包丁などの切れる包丁で、

斜めに幅広く切るとボリュームがでて綺麗にも見えます。

 

そして、

アオリイカの表面の皮を剥いでも、

硬い薄皮(表面の薄皮)が残っているので、

包丁で梳き取りました。

 

このぐらいのサイズなら、

薄く切れば薄皮も取らなくても大丈夫だと思います。

 

しかし、

1キロ~3キロにまで大きくなったアオリイカの薄皮は・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

とても噛み切れる物ではなくなるので、

取り除いたほうがいいでしょう^^;

 

 

アオリイカのゲソの下処理で先端と吸盤を取り除く!?

 

 

dsc07322

 

 

身と食感の違うゲソも楽しく美味しいですが下処理を・・・

 

 

ゲソの下処理で、

先端を切り落とし、吸盤も包丁で切って取り除きます。

 

アオリイカの吸盤(触腕の吸盤を除く)は、

スルメイカと違って柔らかいので取り除かなくても気にならないと思いますが・・・

 

取り除いたほうが食感や、

見栄えがよく、仕上がりが綺麗になりますよ!

 

YouTubeのNaraさんの動画を見て以来、

イカの吸盤は包丁で取り除くようになりました^^

 

 

イカの塩辛に岩塩を使うと美味しい!?

 

 

dsc07343

 

 

アオリイカの刺身の状態に、

塩、日本酒、鷹の爪、好みで味醂を加え、

二晩ぐらい冷蔵庫の中で熟成させる(一日に一回は混ぜる)だけで完成です。

 

私の場合は、

岩塩と純米酒の日本酒を使っているので、

味醂の甘みを足す必要も無いので使いません。

 

岩塩を使うとマイルドな味わいになります^^

 

味醂を入れなくても、

アオリイカの自然な甘みだけで十分!

 

 

dsc07332

 

 

アオリイカの肝の部分です。

 

好き嫌いが分かれる部分なのですが、

酒呑みなら好きな人が多いのでは!?

 

刻んで塩辛と一緒にしてもいいのですが・・・

 

肝だけ塩辛とは別に塩をふって冷蔵庫で30分置き、

水洗いして塩分とヌメリを取って水分を拭き取り、

濃口醤油、日本酒、味醂、鷹の爪を軽く沸かして冷ましたものに浸けて、

沖漬けのような感じに調理しました。

 

 

dsc07345

 

 

完成したアオリイカの塩辛です。

 

小さな小鉢に盛り付けていますが・・・

 

コレだけで、

かなりの酒を呑む事ができる強肴です^^

 

 

dsc07351

 

 

アオリイカの肝の沖漬け風です。

 

好みの大きさに切りましたが・・・

 

めちゃ美味しいですし、

塩辛に負けず劣らずな酒の肴になりました^^

 

 

dsc07355

 

 

お酒は、

 

日本酒・・・純米吟醸 喜多屋 「寒山水」

 

酒器は、

 

ぐい呑・・・青磁 中島宏 作 「青磁ぐい呑」

 

徳利・・・青磁 中島宏 作 「青磁徳利」

 

いい組み合わせです^^

 

 

dsc07362

 

 

アオリイカの塩辛と、

沖漬け風にした肝・・・

 

どちらも、

アオリイカの独特な甘みがあり、

お酒も美味しく呑む事ができました^^

 

 

楽天市場・・・アオリイカ 刺身 の詳細はコチラ

amazon・・・アオリイカ 刺身 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク