先日、

「母の日」 ということで、

 

ちらし寿司・・・

 

じゃなく、

「ばらずし」 (バラちらし寿司) を作りました^^

 

「ばらずし」 は、「ちらし寿司」 よりも簡単で・・・

誰が作っても美味しそうに作れます!?

 

材料を細かく切って、バラバラに散らせば美味しく見えるので・・・

 

具材を細かく切るのが面倒ですが、

盛り付けに難しい事はありません!

 

材料も、

特別な物は使わないで、近所で揃うものだけで作りました^^

 

 

スポンサーリンク


近所でも揃う食材で作る・・・ばらずし!?

 

 

DSC06908

 

 

ばらずしの材料

 

  • 煮穴子
  • いくら
  • サーモン
  • 海老
  • 甘酢生姜
  • 椎茸
  • キュウリ
  • レモン
  • 絹さや
  • 木の芽
  • 味醂
  • 醤油
  • 白だし
  • 砂糖
  • サラダ油
  • 片栗粉

 

 

ばらずしの作り方

 

  1. 干し椎茸を水で戻して、戻し汁、醤油、酒、味醂、砂糖で甘辛く煮る
  2. 玉子、白だし、味醂、水溶き片栗粉少々で玉子焼きを作る (市販のでも可)
  3. ショウガのスライスを水、酒、味醂、塩、砂糖でサッと煮て甘酢生姜を作る (市販のでも可)
  4. 海老の背ワタを取って沸騰しない程度の湯加減で塩茹でにして陸上げする
  5. 絹さやのヘタと筋を取り、塩ゆでして氷水で冷やす
  6. サーモンを角切りにして、醤油、味醂で下味をつける
  7. 硬めに炊いた熱々のご飯と塩、砂糖、酢で酢飯を作る (市販の寿司の素でも可)
  8. 酢飯に、甘辛く煮た椎茸、甘酢生姜、レモンを全て細かく刻んで混ぜる
  9. キュウリは輪切り、絹さやは斜め半分に切り、その他の材料を細かい角切りにして盛り付けて完成です

 

私の場合は、手作りの材料を使っていますが、

市販の物を使うと手間もかからず手軽にできて簡単です!

 

 

DSC06911

 

 

飯台 (寿司桶) で、

熱々のご飯に細かく刻んだ椎茸、甘酢生姜、レモンと、

酢、塩、砂糖を混ぜた寿司酢で酢飯を作ります。

 

 

 ちらし寿司の具材をバラバラに散らして作る・・・ばらずし!?

 

 

DSC06915

 

 

酢飯を盛って、具材をバラバラに散らした状態です・・・

 

「ばらずし」寿司だけに^^

 

 

DSC06916

 

 

私の母は、

サーモンが苦手なので・・・

 

一つだけサーモンを抜いています。

 

こういった、

細かな配慮ができるのも手作りだからこそ^^

 

 

DSC06918

 

 

そして、

私の 「ばらちらしセット」 は・・・

 

やはり、

お酒が付き物です^^

 

 

DSC06923

 

 

お酒を呑まなくても美味しいのですが・・・

 

酒の肴にもなる具材が入っているので・・・

お酒も美味しく呑む事ができます!

 

 

DSC06920

 

 

酒器は・・・

 

ぐい呑・・・十四代 今泉今右衛門 「色絵雪花藍色墨はじき草花文ぐい呑」

 

徳利・・・十四代 今泉今右衛門 「色絵雪花墨色墨はじき草花文徳利」

 

揃い組です。

 

やはり、

色絵の酒器だと雰囲気も華やかになります!

 

しかし、

寿司に日本酒・・・

 

間違いのない組み合わせですよね^^

 

 

楽天市場・・・酒器 色絵 の詳細はコチラ

amazon・・・酒器 色絵 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク