夏が旬のイサキ(伊佐木)は、

何にしても美味しい魚です!

 

刺身、焼き、煮付け、揚げなど、

お好みの調理法で^^

 

 

DSC05772

 

 

何時も、

刺身で食べる事が多いので・・・

 

今回は、

煮付けにしてみました。

 

これが、

地味に美味しいんですよね^^

 

酒の肴にもバッチリ!

 

 

スポンサーリンク


魚の臭みを取って美味しくする霜降り!?

 

 

DSC05775

 

 

下処理として、

ウロコを取り、エラと内蔵を取って内側をササラなどを使って綺麗に掃除します。

 

イサキは、

身も美味しいですが白子や卵も絶品です!

 

次は、

熱湯かけて臭みと残っているウロコやヌメリなどを落としていく・・・

 

霜降りをしていきます。

 

 

DSC05776

 

 

熱湯をかけて白くなったら氷水にとり、

血やウロコなどを綺麗に掃除します。

 

霜降りして丁寧に隅々まで掃除すると、

臭みもなく美味しい煮魚になりますよ^^

 

アクも出にくいです!

 

 

失敗しない煮魚・・・煮汁の割合!?

 

 

DSC05777

 

 

煮魚の煮汁は、

醤油1:味醂1:日本酒2:水2:砂糖大さじ1~2

 

煮汁の量は、

鍋に魚を入れて魚の頭が少し出る程度まで入れてください。

 

ここに、

生姜の皮などを入れ落し蓋をして、

強火で10分程度で完成です。

 

 

DSC05779

 

 

軽く焼いたシシトウをサッと煮汁で煮たものと、

生姜の千切り、木の芽を添えました。

 

 

DSC05780

 

 

煮魚には生姜が合いますよね^^

 

 

DSC05782

 

 

オマケのイサキ白子ポン酢・・・

 

もちろん、白子を煮付けても美味しいです。

 

紅葉おろしを添えたい所でしたが、

大根がなかったので^^;

 

自家菜園の大きな紫蘇を使いました^^

 

 

DSC05783

 

 

お酒は・・・

 

日本酒 純米酒 仁井田本家 「自然酒」

 

自然に拘って造られ、

お米の旨味が濃く美味しいです!

 

 

DSC05786

 

 

酒器は・・・

 

焼酎杯・・・唐津焼 中川自然坊 作 「刷毛目唐津焼酎杯」

 

 

日本酒から泡盛へと変更になるので!

 

煮魚で染み染みと・・・

 

いやぁ~、

いいですね~^^

 

 

楽天市場・・・日本酒 純米酒 仁井田本家 金寶 「自然酒」 の詳細はコチラ

amazon・・・日本酒 純米酒 仁井田本家 金寶 「自然酒」 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク