イワシの刺身も好きですけど・・・

 

「イワシのぬた和え」も美味しいんです^^

 

鰯(イワシ)の刺身 の記事はコチラ

 

「ぬた和え」の「ぬた」とは、

一般的に「酢味噌和え」の事を意味します。

 

例えば、

「分葱(ワケギ)のぬた和え」など定番ですよね^^

 

 

DSC06057

 

 

イワシの捌き方ですけど、

刺身などにするのなら断然、

手開きよりも包丁で捌いた方が綺麗で美味しくなります!

 

私の場合は、イワシのフライを作る時も、

包丁を使って捌いています。

 

どうしても、

手開きだと身が傷むので^^;

 

 

イワシの身を傷めない捌き方!?

 

 

包丁での捌き方については・・・

 

YouTubeでYamatonara 108 さんがアップしている動画をお借りしました。

 

 

 

 

金太郎イワシの刺身・・・

 

新鮮なイワシはウロコが剥げてないのが特徴です!

 

魚編に弱いと書く傷みやすい鰯(イワシ)も、

見事な手際で傷む暇もありませんね^^

 

間違いなく美味しいでしょうし、

呑みたくなってしまいます!

 

ありがとうございました^^

 

 

DSC06103

 

 

一尺の刺身包丁を使って、

三枚おろしにして腹骨をすき取り・・・

 

 

DSC06105

 

 

便利で使いやすいグローバルの骨抜きを使って、

頭の方から尾に向かって皮をはいで・・・

 

(包丁で皮を引くより簡単)

 

 

DSC06110

 

 

小骨を断ち切るために、

骨の入っている方向と直角になるように包丁を入れました。

 

 

水っぽくなくて美味しい「ぬた和え」のポイント!?

 

 

DSC06116

 

 

「ぬた和え」ですから、

酢味噌と共に盛りつけて完成です!

 

 

スポンサーリンク

 

 

次に作る時は、

自家製の芥子酢味噌で^^

 

 

DSC06113

 

 

「和え物」や「酢の物」のポイント・・・

 

食べる直前に和えてください!

 

酢味噌で和えてから時間が経つと水分が出てきて美味しくなくなります!

 

酢味噌の塩分で臭みの水分が出てきて身は固く締まり、

酢味噌が水っぽくなって不味くなってしまいますので^^;

 

 

DSC06119

 

 

お酒は・・・

 

泡盛・・・高嶺酒造所 かびら

 

合いますね~^^

 

 

DSC06120

 

 

酒器は・・・

 

ロックグラス・・・江戸切子 haku硝子 三田村義広 作 

 

暑い季節でも、

江戸切子が涼しげにしてくれます。

 

それにしても、

イワシのぬた和え・・・

 

酒泥棒な奴です^^

 

 

楽天市場・・・刺身包丁 銀三 の詳細はコチラ

amazon ・・・刺身包丁 銀三 の詳細はコチラ

 

スポンサーリンク