ウマヅラハギや本カワハギって美味しいですよね!?

 

私は、

酒の肴として刺身が好物なのですが・・・

 

中でも、

ウマヅラハギや本カワハギは・・・

 

刺身の中でも大好物になります。

 

身は上品、肝は濃厚・・・

 

矛盾しているような旨さがあります!

 

肝が絶品の本カワハギやウマヅラハギ・・・

 

フグの肝を食べると死んでしまいますが、

カワハギなら安心です^^

 

 

DSC06282

 

 

ウマヅラハギの写真です。

 

見た目の通り、
そのまんま、カワハギが馬面になったものが・・・

 

馬面なハギ、

ウマヅラハギです!

 

捌き方については、
YouTubeにアップしているウマヅラハギの肝和え(肝醤油)の動画を見てください。

 

 

 

 

雄のウマヅラハギだったので赤い筋繊維が目立ちますが、
雌のウマヅラハギでは雄のように赤い筋繊維が多くなく目立ちません。

 

本カワハギの薄造りと肝和え の記事はコチラ

 

馬面なハギですよね^^;

 

大きさは、35センチほどで・・・

 

580円で購入しました!

 

本当にウマヅラハギは、安くて美味しい魚なんですよ^^

 

 

スポンサーリンク


ウマヅラハギを一番美味しく食べられる旬の時期!?

 

 

DSC06283

 

 

一年を通して捕れるウマヅラハギ・・・

 

身を食べるなら5~6月

肝を食べるなら11月~3月

 

などと言われていますが・・・

 

産卵の季節になる真夏を除けば美味しいと思います^^

 

選び方ですが・・・

 

腹がパンパンに張ってて、分厚い魚体を選びましょう!

 

 

ウマヅラハギのオスとメス・・・どちらが美味しい!?

 

 

それから、

一番大事なポイントが・・・

 

オスではなく、メスを選ぶ事です!

 

オスは細長、

メスはズングリした体型をしています・・・

 

見分けがつかなければ、

魚屋に聞いてみましょう^^

 

(オスを刺身にすると、赤い筋繊維が多くあるので不向き)

 

メスは、身や肝も大きくて脂が乗り・・・

 

オマケに産卵期になると卵も入ってますから!

 

 

DSC06290

 

 

ウマヅラハギのメスを刺身にすると・・・

このように、肝や身と卵も楽しめます^^

 

(手前左:肝、中央:卵)

 

肝は、好みですが・・・

 

生肝か軽く湯通しして使ってください。

 

(卵は茹でています)

 

 

DSC06291

 

 

580円で購入したウマヅラハギの刺身・・・

 

安いだけではなく、非常に美味しいんです^^

 

 

DSC06288

 

 

残ったアラは、

霜降りしてから、お吸い物にしました。

 

全て無駄なく使いきります^^

 

酒の肴も完成した事なので・・・

 

後は、

呑むだけですね^^

 

 

DSC06293

 

 

ウマヅラハギの綺麗で上品な身には・・・

 

やはり、

日本酒だと思います!

 

 

DSC06294

 

 

酒器は・・・

 

ぐい呑・・・十四代 今泉今右衛門 「色絵雪花藍色墨はじき草花文ぐい呑」

 

徳利・・・十四代 今泉今右衛門 「色絵雪花墨色墨はじき草花文徳利」

 

それと、

ソラ豆の箸置き^^

 

ウマヅラハギの刺身に欠かせない肝・・・

 

肝を刺身醤油に溶く派!?

刺身醤油に溶かなくて、刺身に肝を乗せる派!?

 

ちなみに、

私は後者です。

 

好みの食べ方でどうぞ^^

 

 

楽天市場・・・刺身 薄造り の詳細はコチラ

amazon・・・刺身 てっさ の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク