カンパチの刺身は美味しいですよね^^

 

そんな、

刺身で美味しく食べられるカンパチを贅沢にも「なめろう」に!?

 

ということで、

カンパチで「なめろう」を作ってみました・・・

 

刺身より酒の肴になるんですよねコレが!

 

 

DSC02024

 

 

カンパチ(間八)です・・・

 

カンパチは漢字で間八と書きます。

 

頭部の上部を正面から見ると、

八と書かれているように見えるから「間八」ということです。

 

カンパチの魚体はブリと違って黄金色で、

頭部が丸みをおびています。

 

なんと、

最大で1.8メーターの80キロというモンスターカンパチが記録されているそうですよ^^;

 

対して、

ブリは最大で40キロまでしかなりません。

 

 

DSC00845

 

 

ブリ(鰤)・・・

 

写真のサイズはハマチですが、

大きくなると出世してブリになる出世魚です。

 

ちなみに、

カンパチは出世魚ではありません!

 

スズキ目・アジ科・ブリ属のカンパチ

スズキ目・アジ科・ブリ属のブリ

 

同じブリ属の仲間ですが・・・

 

カンパチとブリは見た目でもかなり違いますよね!?

 

少し話が逸れてしまいましたが本題に戻ります^^;

 

 

「なめろう」に欠かせない味噌の割合は!?

 

 

DSC00577

 

 

刺身用のカンパチの柵を使って作ります。

 

材料

 

  • カンパチの刺身
  • 味噌
  • 紫蘇
  • ミョウガ
  • ネギ
  • ショウガ
  • ニンニク
  • ゴマ

 

味噌の量は、全量の1~3割ぐらいです。

 

ショウガやニンニクは、千切りにしたり、擦り下ろしたり、絞り汁だけを使ったりしますが好みで調節してください・・・

入れなくても臭みや癖もなく美味しいですので^^

 

 

DSC00580

 

 

柵を切って刺身の状態にします・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

このままでも美味しいのですが我慢です^^;

 

刺身醤油とワサビで摘み喰い!

 

 

包丁で叩かなくても「なめろう」!?

 

 

DSC00581

 

 

細かく切ってから薬味と混ぜあわせます。

 

極端な話、

包丁で叩いたりして混ぜなくても「なめろう」になるんです!

 

混ざるのも早いですし、

素材の繊維を崩さないから水分が出ないので美味しく仕上がりますよ^^

 

水っぽい「なめろう」だと嫌ですよね!?

 

 

DSC00583

 

 

満遍なく混ぜあわせれば完成です。

 

簡単で美味しい「なめろう」が完成しました^^

 

 

DSC00589

 

 

お皿に盛りましたが・・・

 

軽く2人前以上あります!

 

自家菜園で収穫したレモンを添えましたが、別皿で酢も用意しました。

 

 

泡盛 池原酒造 粗濾過四十四度

 

 

DSC00587

 

 

泡盛 池原酒造 白百合 粗濾過四十四度

 

古酒にするための新酒ですが、

そのまま呑んでも美味しいです^^

 

 

DSC00588

 

 

酒器は・・・

 

ロックグラス・・・新・薩摩切子 「二色被せ」

 

赤と紫の二色からできている

新しい薩摩切子の技法を使った「二色被せ」です。

 

旨味の濃いカンパチの「なめろう」に泡盛が合うんですよね!

 

やっぱり、

何でも「なめろう」にすると美味しくなるのか!?

 

また、

他の「なめろう」を作ってみようと思います^^

 

 

楽天市場・・・薩摩切子 の詳細はコチラ

amazon・・・薩摩切子 の詳細はコチラ

 

スポンサーリンク