釣ったばかりの新鮮なクロダイ(チヌ)を頂いたので・・・

 

刺身の「湯霜造り」「焼き霜造り」とアラ煮を作っていきます。

 

クロダイは、マダイと容姿が似ていて・・・

 

マダイが黒くなったような感じです!

 

釣りでお馴染みのクロダイは出世魚で大きさによって名前が変わります・・・

 

関西では、小さい方から順に「ババタレ」~「チヌ」~「オオスケ」

関東では、「チンチン」~「カイズ」~「クロダイ」

 

クロダイは、

釣り人にとって人気魚種なので・・・

 

その他にも、

九州「チン」や「メイタ」、山陰「チンダイ」、北陸「カワダイ」など様々な呼ばれ方をしています。

 

 

DSC00143

 

 

コチラがクロダイです・・・

 

バットが40センチなので、

食べて美味しい調度良いサイズですね^^

 

目にハリがあり透き通っていて、

見た目だけでも新鮮なのが伝わると思います。

 

赤いマダイが黒くなったみたいな外見でしょ!?

 

黒竜みたいにカッコイイのがクロダイです!

 

 

DSC00146

 

 

三枚おろしにした状態です。

 

胃袋には、

麦とオキアミの撒き餌が大量に入っていました!

 

どうやら、

食いしん坊なクロダイのようですね・・・

 

なるほど、

いいコンディションで魚体も綺麗な訳です^^

 

 

スポンサーリンク


「焼き霜造り」(松皮造り)は氷水で締めない方が美味しい!?

 

 

DSC00162

 

 

左側にあるのが、

バーナーで炙った「焼き霜造り」の柵で、

 

右側にあるのが、

熱湯でサッと皮目を湯通しして氷水で締めたものです。

 

(皮目に串打ちするか、水平の切れ目を入れる事で身が反らないようにできます)

 

後は、

血合いの中骨を切り取り、雄節(上身)と女節(下身)に分けて刺身にします。

 

注意点は、「焼き霜造り」の場合・・・

バーナーで焼いたら氷水に浸けない事です!

 

つまり、

焼いた状態のまま刺身にする訳です・・・

 

試しに氷水で冷やした物と味を比べてみると、

旨味と香りの差がハッキリ出ます!

 

私の動画では無いのですが、

YouTubeのNara Hirokazuさんが公開している「焼皮造り」動画を見てください!

 

 

 

 

私も、Nara Hirokazuさんの動画を見るまでは、

氷水で旨味と香りを逃してましたから^^;

 

動画をお借りしました。

 

いつも、勉強になります!

ありがとうございました^^

 

 

DSC00163

 

 

完成したクロダイ尽くしの刺身2種・・・

 

「焼き霜造り」と「湯霜造り」です。

 

自家菜園で収穫したカボスとレモンを好みでキュット絞ります^^

 

 

DSC00165

 

 

「焼き霜造り」です。

 

ワサビと刺身醤油も美味しいですけど、

岩塩とレモンも美味しいですよね^^

 

 

DSC00168

 

 

「湯霜造り」です。

 

カボスと刺身醤油でポン酢のように食べても美味しいです^^

 

 

魚のアラも「あら煮」で無駄なく美味しく!

 

 

DSC00174

 

 

刺身をして残るアラは、

味噌汁、潮汁もいいですが・・・

 

酒の肴には、

「あら煮」ですよね^^

 

アラは塩をふって30分置いて、

熱湯で軽く湯通ししてウロコや血などを掃除してから使います。

 

これも、

堪らないんですよ~

 

無駄が出ませんね^^

 

 

日本酒 福光屋 加賀鳶 「極寒純米」

 

 

DSC00175

 

 

最近のお気に入りの日本酒・・・

 

日本酒 純米酒 福光屋 加賀鳶 「極寒純米」

 

シンプルに美味しいです^^

 

 

DSC00177

 

 

今回の酒器は・・・

 

ぐい呑・・・十四代 今泉今右衛門 「色絵雪花藍色墨はじき草花文ぐい呑」

 

徳利・・・十四代 今泉今右衛門 「色絵雪花墨色墨はじき草花文徳利」

 

愛用の酒器だと、更に美味しく呑めます^^

 

それから、

魚の小骨や皮・・・

 

サンマの塩焼き、サバの塩焼き、鮭の塩焼きの皮も食べない父が、

クロダイの皮付き刺身が旨いと食べていました^^;

 

釣り人の適切な活け〆済みだったのと、

下処理でマダイと大差なく美味しくいただきました^^

 

 

楽天市場・・・出刃包丁 の詳細はコチラ

amazon・・・出刃包丁 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク