梅雨時期は雨が降ってジメジメしたりと嫌な季節ですが・・・

良い事もありますよ!

 

梅雨時期や初夏にイサキが旬を迎え脂も乗り美味しくなります・・・

メスなら絶品の卵を持ちますからね^^

 

ということで、

旬のイサキを大好物の刺身にします。

 

イサキは皮も美味しい魚なので是非一緒に食べて欲しいんです・・・

魚は皮下に旨味が一番あるので食べないと勿体無いですし^^;

 

なので、

湯霜造りと焼き霜造りに調理して皮も美味しく食べてくださいね^^

 

残ったアラも汁物や煮付けにすれば間違いなく美味しいですよ!

 

 

DSC03210

 

 

40センチ程のイサキを捌いてみると幸運にもメスで卵が入っていました^^

 

 

スポンサーリンク

 

 

コレは酒呑みにはたまりません・・・

 

イサキの卵はきめ細かく旨味が濃く絶品です!

 

サイズが大きければ血合いにある中骨を骨抜きで抜かないで、

背側と腹側に切り分けるだけで良いです。

 

その場合は切った血合い部分も捨てないで料理に使って下さい。

 

 

DSC03214

 

 

 刺身包丁 で柵を切れば完成です・・・

切るだけで料理になるんです^^

 

写真では解りにくいですが・・・

左が湯霜造り、右が焼き霜造りです。

 

食べると違いがハッキリとわかるのですが^^;

 

イサキの卵は酒と塩を振り5分ほどして、

湧いた湯に入れたら火を止めて1分放置して氷水で冷やします。

 

塩味の付いたイサキの卵はレモンを絞るだけで食べるのが私好みです!

 

 

DSC03217

 

 

旨味が濃いイサキの刺身に合わせた酒は・・・

泡盛の菊之露 特選5年古酒 にしました。

 

高くて美味しい酒は当然ですが・・・

比較的に安価で美味しい泡盛なのでオススメです^^

 

アルコール度数が高いので、

日本酒やワインなどと違い常温で保存できるのもオススメするポイントになります。

 

なので、私は・・・

泡盛サーバー に移して呑んでいます!

 

サーバーの蛇口を捻ると、

水道水のように泡盛が出てくるのが幸せの時間です^^

 

 

DSC03216

 

 

今回の酒器は 江戸切子の琥珀ロックグラス にしました^^

 

琥珀色の下地に緑が映えて綺麗ですよね!?

 

暑い季節には自然と出番が多くなる酒器が江戸切子ですし^^

 

目で見ても涼しい気分を味わえるので・・・

お酒も美味しくなる訳ですね!

 

それと、

創業明治27年という虎斑竹専門店で老舗 竹虎の虎竹製ランチョンマット も良い味だしてくれます。

 

テレビなどにも出演している竹虎の四代目当主が商品紹介ページに出てきます・・・

名物当主ですね!

 

気になる方は下記に虎斑竹専門店 竹虎のリンクを貼っているので確認してみてください^^

 

ちなみに・・・

私はランチョンマット以外で孫の手も購入したのですが・・・

とても質感が良くてあると便利でした!

 

 

楽天市場・・・竹製ランチョンマット 竹虎 の詳細はコチラ

amazon・・・虎斑竹専門店 竹虎 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク