カワハギやウマヅラハギの刺身は絶品!

 

濃厚で美味しい肝を使って、

刺身を肝醤油で食べたり、

肝和えにして食べると・・・

 

本カワハギの刺身と肝和え の記事へ

 

酒の肴になりますよね^^

 

しかし、

煮付けても美味しいんです!

 

 

DSC04510

 

 

活きじめされた本カワハギです。

 

鮮度が良いと、

身や肝に臭みなんてありません!

 

ですが・・・

 

 

スポンサーリンク


煮ているとカワハギの肝が溶けてしまう!?

 

 

今回は、試しに、

捌いた状態で売られている刺身用の本カワハギを使用してみました。

 

まずは、

下処理から・・・

 

 

dsc07311

 

 

湯霜という、

煮付ける前の下処理で熱湯をかけて冷水で洗い流しましたが・・・

 

なんか、

臭みがあるんですよね^^;

 

具体的な違いは、

刺身用なのに肝が溶けてしまうといった感じです。

 

明らかに、

自分で捌いた状態とは違いました!

 

 

dsc07334

 

 

ということで、

本カワハギの煮付けが完成しました。

 

 

自分で捌いた魚は美味しい!

 

 

dsc07335

 

 

やっぱり、

魚は自分で捌いて処理するのが一番だと思いました^^;

 

材料の時点で味の差があるので・・・

 

必ずリベンジします!

 

 

dsc07337

 

 

お酒は、

 

日本酒・・・純米吟醸 喜多屋 「寒山水」

 

煮付けはイマイチでしたが、

お酒は文句なしに美味しいです^^

 

 

dsc07340

 

 

酒器は、

 

ぐい呑・・・青磁 中島宏 作 「青磁ぐい呑」

 

徳利・・・青磁 中島宏 作 「青磁徳利」

 

独特な中島青磁のポッテリとした雰囲気と、

優しい色合いが好きです。

 

お酒って・・・

 

美味しいですね^^

 

 

楽天市場・・・酒器 青磁 の詳細はコチラ

amazon・・・酒器 青磁 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク