活きた白ミル貝を食べたことはありますか!?

 

今回は、活きた白ミル貝を山口県から大量に購入しました・・・

 

近所ではあまり販売されていないと思いますし、

お取り寄せじゃないと不可能な量だと思います^^;

 

しかし、

貝だけでは刺身としてバリエーションがなく寂しいので・・・

 

大好物のウマズラハギも追加で注文した訳です。

 

更に詳しい、

白ミル貝の捌き方とウマズラハギの詳細は私の別サイト 鮮魚通販の比較 に載せていますので、

宜しければ下線部分をクリックして見てくださると嬉しい限りです。

 

ところで、

ウマズラハギやカワハギには夏の旬と冬の旬があるのはご存じですか!?

 

カワハギは夏の季節になるとメスが卵を持ち、

肝が痩せますが身質として一番美味しくなる季節が夏の旬です。

 

もう一つの旬が冬で、

こちらが一般的なカワハギの旬として知られていると思います。

 

何故なら・・・

 

カワハギの醍醐味は肝がパンパンというのが一番に喜ばれますから^^

 

ということで、

白ミル貝とウマズラハギで初夏の旬を味わいます!

 

 

DSC03326

 

 

見た目が少々グロい白ミル貝を11枚購入しました。

 

この量を近所で購入するのは無理ですよね!?

 

お取り寄せだと可能なんです・・・

 

わがままに好物だけを指定して注文するのも^^

 

 

スポンサーリンク


本ミル貝の代用品の白ミル貝は美味しい!?

 

 

DSC03330

 

 

白ミル貝は高級な本ミル貝の代用品ですが美味しいですよ!

 

コリコリして甘い身に塩とレモンを絞れば・・・

 

貝好きな方には堪らないでしょ^^

 

それに、回転寿司でミル貝を注文すると白ミル貝の水管が出てくるのが普通なので・・・

 

肝や貝ヒモを食べた事は無いと思いますし!?

 

肝はシッカリした食感があり、貝ヒモは柔らかい食感なので違いを楽しめます。

 

ちなみに、

肝は辛子酢味噌で和えました^^

 

 

DSC03324

 

 

ウマズラハギは・・・

おちょぼ口のエサ取り名人です^^

 

しかし、美味しい貝、蟹、タコなどの餌を食べているグルメな魚でもあります!

 

なので、

カワハギを食べても美味しいのは当然なのかな!?

 

 

DSC03331

 

 

ウマズラハギを三枚おろしに下処理して冷蔵庫で休ませ・・・

 

オツマミ無しで泡盛をロックで呑みました!

 

ということで、

やっつけ仕事のようになり手前に盛り過ぎていますが^^;

 

手前左からウマズラハギ薄皮のポン酢和え、湯通しした肝、卵になります。

 

ウマズラハギはフグと同じく薄皮があるので取らないと刺身の場合は食感が悪くなりますが・・・

 

湯引きすると絶品で無駄がありません^^

 

 

DSC03337

 

 

そして、

お気に入りの泡盛 「菊之露 特選5年古酒」 を注いだ今回の酒器は・・・

 

熊野九郎右ヱ門さんの 「熊志乃グイ」 にしました。

 

一応は、ぐい呑の部類ですが、

熊野九朗右ヱ門さんの作品は規格外の大きさなので、普通にロックグラスとしても使えます。

 

陶器に氷を入れると結露して水分を得た質感は涼しげで美しいです!

 

夏の酒器といえば、

ガラス製の薩摩切子、江戸切子や金属製のチタン、錫、銅などの酒器も涼しげで良いのですが・・・

 

私は、夏場にも粋な雰囲気を味わえる陶器で頂くお酒も楽しんでいます。

 

自分好みの酒器で呑むお酒は本当に美味しいですよ!

 

白ミル貝とウマズラハギの刺身も引き立ててくれました^^

 

 

楽天市場・・・ミル貝 の詳細はコチラ

amazon・・・ミル貝 刺身 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク