磯釣りで人気の魚種といえば、

メジナは外せませんよね^^

 

真下に潜る強烈な引きで楽しませてくれます!

 

それに、

釣って楽しいだけではなく、

食べても美味しいメジナですから・・・

 

今回は、

地味に美味しい、シンプルな煮付けにしました。

 

 

スポンサーリンク


美味しい煮付けに霜降りは絶対!

 

 

dsc06631

 

 

メジナを綺麗に下処理した状態です。

 

ウロコと内臓を取ったら、

霜降り(熱湯にサッとつけて冷水で冷やす)して、

残っているウロコや血合い、ヌメリなどを綺麗に洗い流します。

 

沸騰させた煮汁に入れないと、

臭みが出ると聞いたりした事がありませんか!?

 

霜降りをしていれば、

冷たい煮汁からでも、濁ったり臭みが出る事もありませんし、

味も染み込みやすいです!

 

大きなメジナなので、

直径30センチのフライパンを使用しましたが、

はみでていますね^^;

 

下処理したメジナを、

水、日本酒、砂糖、醤油、味醂(最後に加える)で煮ていくのですが・・・

 

煮汁の水量は上部が出る程度で落し蓋をして、

醤油を段階的に数回に分けてから入れると失敗がありません。

 

今回は、

濃口醤油と、たまり醤油(さしみ醤油)を使って濃厚な濃い味にしました。

 

ちなみに、

濃口醤油より、薄口醤油の方が塩分が高いです。

 

 

ショウガの皮や白ネギの葉を無駄なく煮付けなどに活用する!

 

 

dsc06633

 

 

ショウガやネギを入れると美味しくなります。

 

ショウガの皮や、

白ネギの葉の部分などで構いません!

 

捨てたり無駄になりがちな、

余り物を入れると美味しくなるので是非^^

 

 

dsc06640

 

 

主な材料は、

メジナ、ネギ、ショウガだけです。

 

天盛りにしてあるのも、

ネギの茎と葉の千切り、ショウガの千切りだけとシンプルに^^;

 

もちろん、

豆腐や厚揚げなどを一緒に入れても美味しいですよ!

 

 

dsc06643

 

 

シンプルですけど、

これだけで呑める肴になります!

 

 

dsc06647

 

 

お酒は、

 

日本酒 清酒 逸見酒造 「真稜」

 

やはり、

煮魚には日本酒が合いますよね^^

 

 

dsc06652

 

 

酒器は、

 

ぐい呑・・・唐津焼 中川自然坊 作 「朝鮮唐津ぐい呑」

 

徳利・・・唐津焼 中川自然坊 作 「朝鮮唐津徳利」

 

中川自然坊さんの酒器・・・

 

酒器で更に美味しくなるお酒ですね^^

 

 

楽天市場・・・酒器 唐津焼 作家 の詳細はコチラ

amazon・・・唐津焼 作家 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク