私のブログでも度々登場しているクロですが・・・

 

いつも刺身なので、今回は一匹丸ごと豪快に塩焼きにしました!

 

シンプルに焼くだけの調理ですが、

素材の味を活かせた和食を代表する調理法でもあります。

 

そして、日本酒、焼酎、泡盛、ビール、白ワイン、スパークリングワイン、シャンパンなどのお酒にも確実に相性の良い料理です^^

 

アナタも酒を呑みたくなるはず!?

 

しかし、

今回のクロも綺麗な魚体です・・・

 

釣りをする方ならわかると思いますが、針に掛かると真っ直ぐ垂直に引くのが特徴の魚ですよね^^

 

尾長グロではなく、地黒だなとわかる方は釣りが好きなのでは!?

 

更に言えば、活性が高い時はクロの色は青い・・・

 

ここまでくれば、

もはや釣り好きでしか知らないでしょう^^;

 

 

DSC02335

 

 

ちなみに、

クロ (メジナ) は、漢字では 目近魚や眼仁奈 と書きます。

 

そう言われてみると、

目が近寄っている魚だなと思います^^

 

では、調理・・・

 

焼いていきますね!

 

 

DSC02343

 

 

塩焼きのポイントとしては、

焦げやすいヒレなどに塩を多く振る事です。

 

(アルミホイルを巻くのも良いです)

 

塩を付ける事で焦げから守ってくれますよ^^

 

 

スポンサーリンク


メジナの塩焼きをオーブンで焼く!?

 

 

DSC02345

 

 

本当なら炭火が良いのですが、

今回はオーブンで焼きました^^;

 

付け合せで、シシトウと、自家菜園で収穫した名脇役・・・

 

レモンを添えて^^

 

 

DSC02344

 

 

お酒は、

酒燗器と錫製チロリ を使って、ぬる燗で頂きます^^

 

 

DSC02346

 

 

今回の酒器は、

川崎靖英さんの備前焼ぐい呑 を使い、料理までも備前焼の長角皿に盛り付けました。

 

備前焼の酒器に、備前焼の皿・・・

そして、クロの塩焼き!

 

どれも相性が良く相乗効果ですね^^

 

 

DSC02347

 

 

魚の命を貰うので、

藤岡隊長みたいに合掌して!?

 

魚も残すこと無く食べましょうね^^

 

最後になりますが、

料理や酒など様々な物を美味しく、

美しく魅せる器を作っている陶芸作家の方々には感謝しています。

 

飾るのではなく実用品として、

日々の生活の中で大事に使わせて頂きます。

 

本当にありがとうございました^^

 

 

楽天市場・・・ぐい呑 備前焼 の詳細はコチラ

amazon・・・ぐい呑 備前焼 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク