天然物と養殖物の魚の見分け方で一番簡単な方法とは!?

 

尾ビレや胸ビレを見ると直ぐにわかると思います!

 

近年では、

タイ、ブリ、カンパチ、シマアジ、クエ、ヒラメ、フグなど、

養殖されている魚が増えてきていますよね^^

 

今回は、

マダイの天然物と養殖物の見分け方と特徴を説明していきます。

 

 

DSC03132

 

 

養殖物のマダイです。

 

養殖物が天然物と大きく違って一番わかり易いのが、

胸ビレと尾ビレが擦れて減っている事!

 

何故、擦れて減るのかというと・・・

 

餌を食べる際に狭い網の中で密集して、

魚同士が擦れ合うからです^^;

 

 

DSC03133

 

 

尾ビレの拡大写真です。

 

擦れていて角が無いですよね!?

 

養殖真鯛の特徴は他にもあり、

日焼けして黒っぽい、鼻の穴が2つしか無い(天然物は左右に2つづつで4つあります)

 

以上の事から、

胸ビレと尾ビレを見るのが一番簡単でわかりやすいと思います。

 

 

DSC09682

 

 

天然物の真鯛です。

 

大きさにより見た目も多少変化しますが、

目の上のアイシャドウ、背側の綺麗な斑点、擦れてなく角が立っている胸ビレと尾ビレが特徴的です。

 

やはり、

見た目や美味しさも養殖物は天然物に勝る事はありません^^;

 

ということで、

真鯛の見分け方と特徴の説明を終わり・・・

 

養殖物の真鯛を使って大好物の刺身を作っていきます!

 

 

スポンサーリンク


タイの刺身で皮も食べないと損をする!?

 

 

DSC03135

 

 

三枚おろしにした状態です。

 

雌節(腹側)、雄節(背側)の間にある血合い骨を切り分けると、

五枚下ろしになります。

 

 

DSC03136

 

 

五枚下ろしの状態から、

バーナーで皮面を炙って焼き霜造りにしました。

 

刺身に切ってしまってから炙る方法もありますが、

身に脂や炭がつく事は無いですが角が立ちません・・・

 

お好みの方法でしてください。

 

皮を外した刺身でも美味しいのですが、

皮が最高に美味しいんですよね^^

 

好みにもよりますが、

皮がないと旨味が三割ほど減ってしまうような感じです^^;

 

 

DSC03142

 

 

皮目に切れ目を入れたほうが食べやすくなります。

 

切れ味のいい専用の刺身包丁があると簡単ですよ!

 

一手間で皮を食べても違和感も無く気にならないほどに^^

 

 

DSC03145

 

 

酒器は・・・

 

ぐい呑・・・唐津焼 中川自然坊 作 「朝鮮唐津ぐい呑」

 

片口・・・唐津焼 中川自然坊 作 「朝鮮唐津片口」

 

中身は日本酒の冷やです・・・

 

刺身に日本酒は間違いありません!

 

包丁の切れ味で味が変わってしまう刺身・・・

 

奥が深いですね^^

 

 

楽天市場・・・刺身包丁 銀三 の詳細はコチラ

amazon ・・・刺身包丁 銀三 の詳細はコチラ

 


スポンサーリンク