私の大好物の一つ、

そのため、過去に何度となく登場していますが・・・

 

「漁師料理」であり、

「大分の郷土料理」の「りゅうきゅう」を作っていきます!

 

「りゅうきゅう」を簡単に言うと、

刺身を漬けにしたものです。

 

 

dsc06902

 

 

今回は・・・

 

新鮮な釣りたての「真鯖」(マサバ)を頂いたので、

「サバのリュウキュウ」にします!

 

アジ、ブリ、サバは、

「りゅうきゅう」で人気の定番ですし、

美味しいですから^^

 

 

スポンサーリンク


「真鯖」と「ごま鯖」・・・関サバは!?

 

 

ちなみに、

全国的に知られている・・・

 

「関サバ」は、

「真鯖」なので、

「ごま鯖」ではありません!

 

 

「ごま鯖」の特徴は、

お腹側に斑模様があるので、

簡単に見分けがつきます。

 

 

dsc06904

 

 

お腹側に斑模様が無いので、

関サバと同じく、真鯖になるわけです・・・

 

簡単でしょ!?

 

しかし、

傷みやすいということから、

「サバを数える」と言われるサバですが・・・

 

新鮮なので、

目に一点の曇もありませんね^^

 

鯖の捌き方については、

YouTubeでNarahirokazuさんがアップしている動画を参考にしてください。

 

 

 

 

最初から最後まで、

包丁、まな板、布巾、手が綺麗なままです!

 

しめ鯖・・・

 

美味しそうです^^

 

 

「りゅうきゅう」の作り方と合わせる薬味は!?

 

 

dsc06905

 

 

刃渡り30センチのグローバル牛刀で、

三枚おろしから、刺身の状態までしました。

 

活き締め、

内蔵の下処理も丁寧にしてくれていたので、

血が身に回ってなく、最高の状態でした^^

 

 

dsc06906

 

 

腹骨、血合い骨、を取り、

骨抜きを使い、頭側から薄皮を剥いた状態です。

 

ちなみに、

骨抜きもグローバルを使っています。

 

大きめな骨抜きが力が入り便利なので^^

 

 

dsc06908

 

 

このまま、

刺身にしても美味しいのですが・・・

 

刺身は、

つまみ食いしました^^

 

 

dsc06916

 

 

基本的な「りゅうきゅうタレ」の作り方は、

酒、醤油、味醂の同量を煮きって、

アルコールを飛ばして冷ませば完成です。

 

お好みで割合を調整してみてください。

 

刺身と「りゅうきゅうタレ」を和えて、

「りゅうきゅう」の完成ですけど・・・

 

漬け込まずに、

和えたら直ぐに食べるのが、

私好みの食べ方です^^

 

 

dsc06922

 

 

鮮度が良く、

魚の旨味をダイレクトに味わいたいので・・・

 

薬味もシンプルに、

胡麻、小ねぎ、だけで十分だと思います。

 

「りゅうきゅう」を盛った器は、

唐津焼 中川自然坊 作 「朝鮮唐津片口鉢」です。

 

 

dsc06924

 

 

ここでも、

自家菜園で収穫したカボスは欠かせません!

 

大分の郷土料理「りゅうきゅう」に、

大分の特産品「カボス」ですから、

間違いない組み合わせですよ^^

 

 

dsc06936

 

 

オマケの・・・

 

サバの味噌仕立てアラ汁!

 

DHAが豊富な、

旨味の脂が浮いてますよね^^

 

 

dsc06967

 

 

無駄なく全てを使って・・・

 

中骨と腹骨を、

骨せんべい!

 

血合いは、

片栗粉をまぶして竜田揚げ風!

 

右側にあるのは、

サバとは無関係ですけど・・・

 

がんもどき風のものです^^;

 

以上、

呑んでいきますよ^^

 

 

dsc06925

 

 

酒器は、

 

ぐい呑・・・越前焼 熊野九郎右ヱ門 作 「熊志野ぐい呑」

 

徳利・・・越前焼 熊野九郎右ヱ門 作 「熊志野徳利」

 

徳利の中身は、

大分むぎ焼酎・・・

 

ではなく、

 

泡盛・・・菊之露酒造 菊之露5年古酒 40度

 

を、前割りしたものを入れています。

 

 

dsc06927

 

 

この圧倒的な存在感と、

どっしりとした佇まいが、

一番のお気に入りの理由です!

 

しかし、

新鮮なサバの「りゅうきゅう」の味わい・・・

 

北大路魯山人さんも言われていましたが、

「新鮮に勝る美味なし」でした。

 

「天然に勝る美味なし」とも、

言えますよね^^

 

 

楽天市場・・・大分の郷土料理 「りゅうきゅう」 の詳細はコチラ

amazon・・・大分の郷土料理 「りゅうきゅう」 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク