腐っても鯛・・・

 

という、

「ことわざ」が、昔からあるように、

日本人にとって馴染み深い魚の鯛です。

 

流石に、

腐ってしまうと食べられませんけど^^;

 

しかし、

鯛って何にしても美味しいですよね^^

 

 

DSC06059

 

 

お目出度い、めでたい、

お祝い事の席にも欠かせないのが天然物の真鯛です。

 

写真の真鯛は天然物なので、

尾びれの端が黒く、角が擦り減ったりしていません。

 

養殖物の真鯛だと、

どうしても尾びれが擦り減っていたり、

日焼けしていたりするので簡単に見分ける事ができます。

 

ちなみに、

七福神の恵比寿様が持っているのは真鯛ではなく、

「えびす鯛」という、別種のキンメダイ目の魚だそうですよ^^;

 

また、

エビスダイは、別名を具足鯛とも言われるように、

鎧をまとったようなゴツイ鯛です!

 

(実際に見たことはありません)

 

見てみたいですね~^^

 

少し脱線してしまいましたが、

「鯛のしゃぶしゃぶの出汁」を作っていきます。

 

 

スポンサーリンク


鯛のアラで「鯛のしゃぶしゃぶ出汁」無駄なく美味しい!

 

 

dsc07623

 

 

鯛の旨味が詰まったアラを、

無駄なく活用しないともったいない・・・

 

鯛を捌いたアラに塩を振り、

一時間置いたら水洗いして水気を拭き取ってから、

昆布出汁に加えて弱火から中火で20~30分ほど煮出します。

 

強火で炊くと出汁が濁ってしまいますので注意!

 

 

dsc07625

 

 

それから、

漉し器などで濾して、

同量の日本酒と塩を加えて、アルコールを飛ばしたら「鯛しゃぶ出汁」の完成です。

 

取り残したウロコが出汁に混ざるなんて事もありませんよ^^

 

 

「鯛しゃぶ」湯霜造り(松皮造り)にすると食べやすくて美味しい!

 

 

dsc07626

 

 

いよいよ、

柵にした真鯛を「しゃぶしゃぶ用」に切っていく訳ですけど・・・

 

切る前の柵の状態で、

湯霜した柵(松皮造り)にしています!

 

湯霜造りとは、

皮目を上にした柵に布巾をかぶせ、

熱湯をかけて氷水でサッと冷やして水分を拭き取ったものです。

 

理由は、

 

メジナのしゃぶしゃぶ の記事はコチラ

 

好みの問題と思いますが、

身と皮とのバランスが良くなり、

食べやすくなると思いますので^^

 

 

dsc07628

 

 

お好みの野菜や豆腐に、

〆の雑炊や饂飩なども用意しておきましょう。

 

火の通りにくい人参や大根なども、

ピーラーやスラーサーを使うことで一緒に食べる事ができます。

 

 

dsc07629

 

 

柵の段階で皮面だけを湯霜してあるので、

実質は湯霜造り(松皮造り)になります。

 

もちろん、

このまま刺身のように食べても美味しい訳です^^

 

 

dsc07638

 

 

鯛のアラから出た濃厚な出汁で・・・

 

しゃぶしゃぶ^^

 

 

dsc07640

 

 

自家製のカボスを使用したポン酢に、

薬味の紅葉おろし、刻みネギでいただきます。

 

とにかく、

ポン酢が好きな私です^^

 

 

dsc07645

 

 

しゃぶしゃぶを楽しんだ後は、

「くずきり」を入れました。

 

饂飩や雑炊だけでなく、

ラーメン、チャンポン、そうめん、マロニーなどもいいですよね^^

 

 

dsc07633

 

 

お酒は、

日本酒で有名な八海山が造る米焼酎・・・

 

焼酎・・・米焼酎 八海山 「よろしく千萬あるべし」

 

酒器は、

 

ぐい呑・・・越前焼 熊志野 熊野九郎右ヱ門 作 「熊志野ぐい呑」

 

徳利・・・越前焼 熊志野 熊野九郎右ヱ門 作 「熊志野徳利」

 

いい組み合わせです^^

 

 

dsc07635

 

 

寿司や刺身を肴にして呑む酒といえば、

日本酒は欠かせませんけど、

 

同じ米から造られる米焼酎の相性も抜群です!

 

この雰囲気に身を任せ、

そして、この旨味に米焼酎を合わせる・・・

 

美味しいですね^^

 

 

楽天市場・・・焼酎 米焼酎 八海山 「よろしく千萬あるべし」 の詳細はコチラ

amazon・・・焼酎 米焼酎 八海山 「よろしく千萬あるべし」 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク