大分のブランド魚といえば・・・

 

関アジ、

関サバですよね^^

 

どちらも、

大分の郷土料理「りゅうきゅう」にすると、

相性もよく、非常に美味しく食べられます。

 

ということで、前回は、

「サバのリュウキュウ」を作りました・・・

 

サバの「りゅうきゅう」 の記事へ

 

今回は、

釣りたての真鯵(マアジ)を頂いたので、

「アジのリュウキュウ」を作っていきます^^

 

 

dsc06909

 

 

釣りたてなので、

本当に綺麗な魚体です^^

 

関アジは、

マルアジ(アオアジ)ではなく、

真鯵(マアジ)です。

 

マアジとマルアジの見分け方ですが・・・

 

マルアジ(アオアジ)には、

尾びれの付け根の前に小さなヒレ「小離鰭」(しょうりき)があり、

体型がマアジより細くスマートで、

青アジとも、呼ばれるように青っぽい色味の魚体です。

 

一方、マアジには、

「小離鰭」(しょうりき)がなく、

体型もマルアジより幅があり膨よかで、

黄金アジ、キンアジ、キアジとも、呼ばれるように、

金色のような色味の魚体です。

 

釣りをしていると、

同じ場所でも、瀬付きのマアジとマルアジが釣れたりしますが、

馴れてくると、ひと目で簡単に区別がつきます!

 

 

スポンサーリンク


アジ科の中で一番美味しいのは真鯵(マアジ)!?

 

 

dsc06912

 

 

そして、

マアジとマルアジ(アオアジ)の食味の違いはというと・・・

 

マアジのほうが美味しいですし、

血合いの多いマルアジよりも、

脂のりがよく、刺身にも適しています。

 

漁師や漁業関係者の方も納得の味が真鯵!

 

脂が乗って美味しいアジの選び方は、

写真のように、目が澄んで綺麗な金色の魚体を選んでください^^

 

鯵の捌き方については、

YouTubeでNarahirokazuさんがアップしている動画を見てください。

 

 

 

 

言葉だけでは説明できません^^;

 

私も、魚全般の捌き方や料理を、

Naraさんの動画で勉強しました^^

 

ありがとうございます!

 

 

dsc06915

 

 

あまり骨が硬くないアジやサバなどは、

万能包丁の三徳、牛刀があれば、

三枚おろしから、刺身まで包丁一本でできます。

 

大事なのは、

一番、最初にする捌く前の工程・・・

 

ウロコを取り残し無く綺麗に取る事です!

 

最初にウロコが残っていると、

まな板や包丁などに、ウロコが残ってしまいますし、

大事な身に臭みも移ってしまい台無しに・・・

 

水っぽかったり、

ウロコの付いた刺身なんて、

食べても美味しく感じられませんし、

せっかくの美味しい魚が勿体ないですから^^;

 

 

自家製の「りゅうきゅうタレ」も寝かせると美味しくなる!

 

 

dsc06921

 

 

「りゅうきゅうのタレ」の簡単で基本的な作り方は、

全て同量の、醤油、日本酒、味醂を火にかけて、

アルコールを飛ばして冷ませば完成です。

 

割合を調整したり、

出汁を使ってみたり、

寝かしてみたりと、

好みに調整してみてください。

 

お酒だけでなく、

自家製の「りゅうきゅうタレ」も、

寝かせると美味しくなります!

 

刺身の状態にした身を、

5分程度、冷蔵庫で冷やしながら、

漬けるだけで美味しく食べられますよ^^

 

 

dsc06931

 

 

薬味も様々ですが、

胡麻、小ねぎ、カボスだけで十分に美味しいです!

 

 

dsc06932

 

 

プリップリな食感ですよ^^

 

雑味が全くありません・・・

 

新鮮に勝る美味なし!

 

 

dsc06928

 

 

酒器は、

 

ぐい呑・・・越前焼 熊野九郎右ヱ門 作 「熊志野ぐい呑」

 

徳利・・・越前焼 熊野九郎右ヱ門 作 「熊志野徳利」

 

前日に、

前割りして、馴染ませておいた泡盛を水割りで・・・

 

水割りにしても、

アルコール度数20%ほど!

 

アルコール度数の高い泡盛や、

古酒でない泡盛も、円やかになり美味しくなりますよ^^

 

 

dsc06933

 

 

美味しい魚に、

美味しい酒・・・

 

やっぱり、

大分の郷土料理「りゅうきゅう」と、

大分むぎ焼酎や泡盛の相性は抜群でした^^

 

 

楽天市場・・・大分の郷土料理 「りゅうきゅう」 の詳細はコチラ

amazon・・・大分の郷土料理 「りゅうきゅう」 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク