鰻は美味しいですよね^^

 

鰻を最も美味しく食べられる時期・・・

 

鰻の旬は夏ではなく、

10月~12月の冬なんです!

 

まだありますよ~

 

それに、

「丑の日」だって夏だけの特別な日ではなく、

実は一年中、春夏秋冬の四季にあるんですよ!

 

まぁ、

私はいつ食べても美味しいと思うのですが^^;

 

そういう事らしいです・・・

 

 

スポンサーリンク


鰻の捌き方と鰻丼の作り方

 

 

DSC08478

 

 

現在での鰻は夏の定番スタミナ料理として知られていますよね!?

 

鰻はビタミン、タンパク質が豊富なので理にかなっていますが・・・

 

本当は冬が旬の鰻 なのです^^;

 

では、

なぜ旬ではない夏に鰻を食べる習慣がついたのかというと、

江戸時代の話になり・・・

 

鰻屋が夏に売れない鰻をどうにかしたいと、

平賀源内 に相談したところ・・・

 

「本日丑の日」 という看板を店先に飾る事になり、

鰻の旬ではない夏でも大繁盛 したそうです。

 

それから、

他の鰻屋も商売繁盛にあやかりたいと看板を真似て、

「土用の丑の日」 には鰻を食べる習慣が生まれました!

 

 

天然鰻を自ら捌いて鰻丼を作りたい という方には、

最適な動画をYouTubeで見つけたので紹介します。

 

とても参考になる動画なので是非見てください!

 

私がアップした動画ではなく  Nara hirokazuさん の動画 です。

 

 

鰻の捌き~

 

 

 

 

鰻丼のタレ~完成まで

 

 

 

 

この動画では、

鰻専用包丁やプロ用包丁を使わずに  Nara hirokazuさんが、

 

どこの家庭でもある万能包丁をあえて使って鰻を捌いています! 

 

鰻の捌きにも挑戦してみませんか!?

 

動画を参考にすれば挑戦はできます・・・

 

ササッと捌くのは難しいでしょうけど^^;

 

 

DSC08483

 

 

この色艶・・・

 

特に日本人は好きですよね^^

 

炭火で焼かれた薫りも漂ってきますよ!

 

 

泡盛 忠考酒造 マンゴー果実酵母仕込み 三年古酒

 

 

DSC08484

 

 

お酒は・・・

 

泡盛 忠考酒造 三年古酒 マンゴー果実酵母仕込み

 

マンゴー酵母を使っているので、

ほんのり甘味を感じます・・・

 

美味しいですね~^^

 

 

伝統工芸士が造る職人技の江戸切子のロックグラス

 

 

DSC08486

 

 

酒器は・・・

 

ロックグラス・・・江戸切子 カガミクリスタル 篠崎英明 作 「ロックグラス」

 

伝統工芸士が造る職人技の江戸切子・・・

 

底から覗くと万華鏡のように綺麗な柄に見えます!

 

鰻も泡盛も美味しいですね^^

 

 

楽天市場・・・泡盛 忠考 の詳細はコチラ

amazon・・・泡盛 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク