鱧の落とし!?

 

鱧を素早く茹でて氷水に落として作る事から、
関西では、「鱧の落とし」などと呼ばれていますが・・・

 

「鱧の湯引き」と同じなんです^^

 

鱧の捌き方と鱧の湯引きの記事へ

 

(上記をクリックすると前回の鱧の記事に移ります)

 

ということで、
「鱧の落とし、鱧の湯引き」を作っていきます^^

 

 

スポンサーリンク


鱧を捌くための専用包丁!?

 

 

DSC09422

 

 

今回は、
鮮度の良い鱧が売られていたので4尾を購入しました。

 

(バットの大きさが40センチ)

 

上にある特殊な形をした包丁が、
「骨切り包丁」「鱧切り包丁」で鱧専用の包丁です。

 

下にある包丁は、
お馴染みの出刃包丁になります。

 

 

DSC09424

 

 

いつも、
このような鮮度の鱧が売られていると良いのですが・・・

 

なかなか、
売られていない事の方が多いです^^;

 

 

DSC09426

 

 

背開きではなく、
腹開きで捌きました。

 

 

DSC09432

 

 

骨切りした所です・・・

 

身が皮一枚で繋がっている状態にしないと、
食べた時に小骨の食感が邪魔をします^^;

 

 

DSC09430

 

 

今回の鱧は鮮度が良いのは見てわかったのですが・・・

 

骨切りした状態で、
身がピクピクっと動いていてビックリしました^^;

 

後は、
一口大に切り、鍋に湯を沸かして塩を入れて10~20秒ほど鱧を茹でて、氷水で締めれば完成です。

 

 

DSC09450

 

 

アラは、
焼いてから出汁を摂って雑炊などにすると絶品ですよ^^

 

アラも無駄になりませんね!

 

 

真澄 純米酒 「奥伝寒造り」

 

 

DSC09444

 

 

日本酒は・・・

 

宮坂醸造 純米酒 「真澄 奥伝寒造り」です。

 

これも、
コスパが高く美味しいと思います^^

 

 

DSC09449

 

 

酒器は・・・

 

ぐい呑・・・唐津焼 中川自然坊 作 「斑唐津ぐい呑」

 

徳利・・・唐津焼 田中佐次郎 作 「斑唐津徳利」

 

師弟関係の酒器揃えにしてみました。

 

しかし、
「鱧の落とし」「鱧の湯引き」には日本酒も合いますが、
焼酎や泡盛にも抜群の相性なので・・・

 

やっぱり、
色々と呑んでしまいますね^^

 

 

楽天市場・・・「骨切り包丁」 「鱧切り包丁」 の詳細はコチラ

amazon・・・「骨切り包丁」 「鱧切り包丁」 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク