タイのカルパッチョは定番ですけど・・・

 

皮付きのカルパッチョは珍しいのではないでしょうか!?

 

ということで、
湯霜造りにしてからカルパッチョにしてみました^^

 

 

dsc08234

 

 

半身を使って湯霜造りにする場合は、
背と腹に分けて切る前に湯霜にします。

 

 

スポンサーリンク


湯霜造りのカルパッチョ!?

 

 

dsc08233

 

 

布巾やキッチンペーパーなどを被せ、
90度ほどの熱湯をサッとかけて氷水で冷やして水分を拭き取ってください。

 

ここで、
背と腹に分けるために血合い骨を切り取ります。

 

 

dsc08236

 

 

後はカルパッチョなので薄造りにしていきます。

 

お皿に塩、胡椒、レモン果汁、オリーブオイルで下味をつけてから、
切った身を盛り付けていき・・・

 

 

マイクロプレインでレモンの皮を料理に使う!

 

 

dsc08237

 

 

盛り付けたら、
上からも先程と同様に塩、胡椒、レモン果汁、オリーブオイルを回しかけ、
パセリ、レモンの皮をおろして添えました。

 

レモンの皮の黄色が綺麗ですし、
爽やかな香りもして美味しいです!

 

ちなみに、
使用している道具はマイクロプレインのグレーター 「プレミアム」・・・

 

簡単に言うと、
洋風のおろし金でチーズを擦ったりする用途が主になります。

 

 

dsc08238

 

 

皮付きのカルパッチョ!?

 

湯霜造りのカルパッチョが完成しました^^

 

 

dsc08239

 

 

鯛の皮の旨味が広がって美味しい!

 

 

dsc08250

 

 

白ワインではなく日本酒と一緒に頂きます。

 

 

dsc08251

 

 

カルパッチョは冷酒に合いますね~

 

何時も刺し身で食べる事の多い鯛ですけど、
カルパッチョにするのもオススメですよ^^

 

 

楽天市場・・・マイクロプレーン 「プレミアム」 の詳細はコチラ

amazon・・・マイクロプレイン 「プレミアム」 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク