磯の珍味!?

 

亀の手・・・

 

そっくりの「カメノテ」は、

貝類ではなく、エビやカニといった甲殻類の一種です。

 

ということで、

本当にグロテスクな「亀の手」ではないので安心してください^^;

 

見た目は、少々グロテスクに見えるかもしれませんが、

食味と食感は、甲殻類らしくカニとエビの中間のような感じで美味しい!

 

また、

カメノテは、磯にある岩場の隙間に生息しているので、

捕獲することもできますよ^^

 

 

スポンサーリンク

カメノテは貝類ではなく甲殻類の一種!?

 

 

DSC04271

 

 

コレが・・・

 

エビやカニといった甲殻類の「カメノテ」です。

 

「カメノテ」は貝類ではありません!

 

小さいものより、大きなサイズの方が美味しいのですが、

大きいサイズは貴重らしく、少々高値で販売されているようです。

 

 

DSC04281

 

 

皮膚の質感や、

爪の質感も・・・

 

「亀の手」そっくりですよね!?

 

 

スポンサーリンク

 

 

それでは、

カメノテの下処理をしていきます。

 

 

カメノテの美味しい食べ方!?

 

 

DSC04285

 

 

タワシで擦ってから洗い、

汚れや付着物を落とします。

 

今回は、

シンプルに・・・

 

塩茹でにするだけです^^

 

海水程度の塩分で塩水を作って茹でていきます。

 

 

DSC04286

 

 

下処理で綺麗に掃除してあるので、

味噌汁などにしても美味しくいただけます!

 

カメノテは濃い出汁が出ますので^^

 

 

DSC04291

 

 

カメノテの皮を剥いた可食部です。

 

食感や味は・・・

 

本当にエビやカニの中間といった所!

 

甲殻類が好きな方には、

間違いなく美味しいと思いますよ^^

 

 

DSC04292

 

 

ちなみに、

先端の爪!?硬い殻の部分を外してみると・・・

 

カメノテの餌になるプランクトンを捕まえるための触腕、

蔓脚(まんきゃく)があります。

 

この部分も食べられますが、

食感がよくなく、あまり美味しくないです^^;

 

 

DSC04293

 

 

カメノテの一番シンプルな食べ方・・・

 

塩ゆでの完成です。

 

 

DSC04294

 

 

お酒は・・・

 

日本酒・・・清酒 老松酒造 老松 上撰

 

大分県日田市にある、

老松酒造は「焼酎の閻魔」を作っている酒蔵でもあります^^

 

 

DSC04296

 

 

酒器は・・・

 

ぐい呑・・・サスギャラリー 「チタン真空二重ぐい呑」

 

日本酒は、

ぐい呑みでグイッと!

 

カメノテだけでなく、

甲殻類の全て日本酒や白ワインに合いますよね^^

 

 

楽天市場・・・カメノテ の詳細はコチラ

amazon・・・カメノテ の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク