新年、明けましておめでとうございます。

 

今年も、私のアルコール日記も、どうぞ宜しくお願いします^^

 

ところで、今回の記事は、昨年の物になります・・・

以前の記事が溜まっているので^^;

 

浅草にある 「銅銀銅器店」 のちり鍋を紹介します。

 

「銅銀銅器店」 は、大正7年に創業している銅器店の老舗です。

 

現在の当主は、3台目の 星野 保 さんになります・・・

伝統と歴史を守るのは大変そうです!

 

何故なら、

材料である銅自体の価格が現在では、昔の3倍!?程に高騰しているので^^;

 

なので、少々高価になってしまいまが・・・

「銅銀銅器店」 の刻印があればメンテナンスもしてくれるので、

 

一生物の銅鍋が欲しい方にはオススメです。

 

なにより、見た目が綺麗なのはもちろん、

熱伝導率が高く火力は中火で十分、内側の錫には抗菌作用があり機能性にも優れています^^

 

しかし、デメリットもあります・・・

購入して後悔しないように紹介しておきますね^^;

 

それは、長期間放置しておくと、10円玉と同じように黒ずみます・・・

綺麗にする方法は洗剤などを使わずに、同量の塩と酢をスポンジに付けてこするだけで黄金色のように輝きます。

 

(私の場合は変色を防ぐために、洗った後に乾燥させて、サラダ油を薄くひきます)

 

また、

調理が終わって残り物がでた場合は、

長時間放置すると変色するので、別の容器に移す必要があります。

 

以上のデメリットはありますが、職人の 「槌目打ち」 は非常に頑丈で、美しく高級感があります・・・

高級料亭、割烹など、プロの料理人が銅鍋を使う理由ではないでしょうか!?

 

では、前置きが長くなりましたが写真で紹介します^^

 

 

DSC01944

 

 

鍋の材料は、高価な物は使ってなく・・・

 

一番高価な材料でもブラックタイガーです^^

 

 

スポンサーリンク


銅鍋で豪華な鍋になる!?

 

 

お気に入りの織部大皿 (47センチ) に盛り付けると、高級感が増して見えませんか!?

 

銅鍋の輝き (取っ手の材料は、真鍮です) は、それをさらに増してくれますよ^^

 

鍋の大きさは、30センチです、大人3人か4人で調度良い大きさです。

 

 

DSC01948

 

 

鍋物には日本酒、王道の純米酒だろって事で、

日本酒 菊姫 特選純米 にしました^^

 

菊姫 特選純米 の色味は、かなり濃い琥珀色でした・・・

 

肝心な味ですが、まろやかで、煎った米のような香ばしさがあるように思えました。

 

日本酒の好みは、人それぞれで難しいですが、私の好みとは違いました^^;

 

まぁ、好みでは無いとは言いましたが・・・

全部美味しく頂きましたけども^^

 

本題の銅鍋ですが、

一生物の銅鍋として大事に使っていきたくなる美しさでした。

 

 

楽天市場・・・純銅製 浅草銅銀銅器店 チリ鍋 30cm の詳細はコチラ

amazon・・・銅製 ちり鍋 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク