大好きな貝、
ムール貝を少しアレンジして、
ワイン蒸しにしたのですけど・・・

 

失敗してしまいました^^;

 

 

dsc08151

 

 

活きのムール貝です。

 

 

dsc08160

 

 

水につけて浮いてくる貝は死んでいたり、
身入りが悪く食べても美味しくないので捨てます。

 

 

dsc08185

 

 

金タワシなどで綺麗に表面を洗って、
足糸(ヒゲ)を抜きます。

 

足糸を取るとムール貝は生きていられないので、
食べる直前に取ってください。

 

それでは、
下処理が終わったムール貝をワイン蒸しにしていきます・・・

 

 

エスカルゴバターとムール貝の相性は悪い!?

 

 

dsc08202

 

 

ワイン蒸しですが、
冷凍庫に作り置きしてあるエスカルゴバターを加えてみる事にしました!

 

エスカルゴバター の記事へ

 

作り置きしておくと便利ですよ^^

 

 

dsc08221

 

 

オリーブオイルでタマネギの微塵切りを軽く炒め、
白ワインとエスカルゴバターを入れて溶かしていくと・・・

 

 

dsc08222

 

 

エスカルゴバターの白ワインソースの完成です。

 

 

dsc08223

 

 

後は下処理したムール貝を入れて、
口が開いてきたら混ぜ合わせて完成・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

ちなみに使用している土鍋は、
雲井窯の中川一辺陶さんのものです。

 

土鍋 雲井窯 中川一辺陶 作 「鴨釉土鍋」 の記事へ

 

お気に入りの土鍋で万能に使えます!

 

 

dsc08226

 

 

こんな感じに仕上がりました^^

 

 

dsc08228

 

 

ワイン蒸しを白ワインで・・・

 

ベタですけど、
抜群の相性ですから^^

 

 

dsc08232

 

 

バゲットをソースに浸して食べると美味しいはず・・・

 

実は、このエスカルゴバターソースが失敗だったのです!

 

エスカルゴバターに塩が入っているので塩辛い!!

 

エスカルゴバターに入れている塩以外の塩分は加えていませんが、
ムール貝が含んでいる塩分だけで丁度良いので当たり前と言えば当たり前ですけど^^;

 

 

エスカルゴバターに塩を加えない方が万能に使える!?

 

 

dsc08230

 

 

魚介類の素材に含まれている塩分も計算しないといけませんね^^;

 

という訳で・・・

 

逆に、エスカルゴバターを作る時には塩を入れない方が、
後々、色々な料理に使えるのではないのかと思いました。

 

エスカルゴバターのレシピには塩が入っているのですけど、
自己流で塩分無しのエスカルゴバターを試しに作ってみます!

 

 

楽天市場・・・ムール貝 の詳細はコチラ

amazon・・・ムール貝 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク