マヨネーズ好きな方・・・

 

数多く居ますよね!?

 

私は、

マヨラーではないのですが、

マヨネーズを綺麗で簡単にマヨビームできるマジックファイブというディスペンサー

を購入して使っています!

 

いつもと同じマヨネーズでも、

線を描くだけで華やかになりますよ^^

 

 

DSC00415

 

 

左側が、

ディスペンサーにお好みソースを入れているソースディスペンサー!?

 

右側が、

ディスペンサーにマヨネーズを入れているマヨネーズディスペンサーです。

 

ディスペンサーに何を入れるのかは自由ですが、

マヨネーズは綺麗にでてきても、

ソースの場合は綺麗にでてきませんでした^^;

 

なので、

ソースは刷毛で塗るのが一番で、

ディスペンサーに入れる必要も無いと思いました。

 

 

DSC00416

 

 

ディスペンサーにも色々な種類があって・・・

 

私のは、

出口の穴が五口あるマジックファイブというディスペンサー

を使っていますが、

ホットドッグなどで使うマスタードやケチャップなどで多く使われている一口タイプ

などもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ということで、

マジックファイブを使ってマヨビームをしていきますね^^

 

 

スポンサーリンク

マジックファイブの使い方と失敗しないコツ!?

 

 

DSC08008

 

 

自家製ササミの燻製サラダにマヨネーズをした写真です。

 

それでは、

マジックファイブを使ったマヨビームのコツを説明していきます!

 

まず、

マヨネーズディスペンサーにマヨネーズを入れます・・・

 

当然ですね^^

 

ポイントは・・・

 

ディスペンサーの容量の半分以上は入れてください!

 

容器を手で握ってマヨネーズを出すので、

容量が少ないとマヨビームをうまくできません!

 

私が購入したのは、

容量が500ccのタイプです。

 

 

DSC00261

 

 

関西では馴染みのトンペイ焼きです^^

 

 

DSC01518

 

 

先程と同じく関西のソウルフードのタコ焼きです^^

 

それから、

マヨネーズを冷蔵庫で保存していると穴の出口が固まっている場合などがあるので、

キッチンペーパーで出口を綺麗に拭き取る事です!

 

マヨネーズディスペンサーを使用前、

使用後にも綺麗に拭き取る事が大事だと思います。

 

 

マヨビームをアレンジしてお洒落に!?

 

 

DSC00789

 

 

粉物の代表格といえば、

お好み焼きですよね~

 

一方向にマヨビームをしてから爪楊枝などを使って、

端の下から上に線を引いたら、

隣の列は上から下に線を引いて交互にした状態でアート感覚を楽しむ事ができます!

 

マヨビームのアレンジでしたが・・・

 

マヨビームをした後に、

マスタードも同じようにビームしてからすると二色になって鮮やかになりますよ^^

 

 

DSC07483

 

 

ステーキ皿を使用したアツアツのお好み焼きです^^

 

マヨビームを一方向ではなく交差するようにして格子状にした状態です!

 

先程までの一方向とは違って難易度が少し上がりますが^^;

 

マヨビームをする際にディスペンサーを握る力加減も重要で、

最初から最後まで一定の力で押し出す必要があります。

 

それでは、

最後にマヨビームのまとめ・・・

 

  1. 容器の容量の半分以上を入れる
  2. 冷蔵庫から出して常温に戻す
  3. 使用前と使用後に出口を綺麗に拭き取る
  4. 一定の力加減で握る

 

ということで・・・

マヨビームを楽しんでみてはどうでしょうか!?

 

最初はマヨビームを綺麗にできなくても、

慣れればできるようになるので安心してくださいね^^

 

 

楽天市場・・・ディスペンサー マヨネーズ マジックファイブ の詳細はコチラ

amazon・・・ディスペンサー マヨネーズ マジックファイブ の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク