フライパン・・・

 

どこの家庭にも、

必ずある調理器具の一つがフライパンではないでしょうか!?

 

フライパンの形状は、

底面が広く、高さがないというのは決まっていますが、

 

素材の鉄、アルミ、ステンレスだけでなく、

様々な素材を積層してあるものから、

テフロンやセラミックのコーティング加工などと様々あります。

 

上記の、

テフロンコーティングやセラミックコーティングなどは、

いつか必ずコーティングが剥げてしまいます!

 

コーティングが剥げて取れてしまうと・・・

 

ただの、

焦げ付きやすいフライパンになってしまうんですよね^^;

 

ということから、

色々とあるフライパンの中でも、

洋食のプロが使う本格的なフライパンには理由があります。

 

タフで頑丈なのは当たり前、

手入れも簡単で長持ちするフライパンが絶対条件、

山田工業所の鉄打出しフライパンになる訳です^^

 

家庭であれば一生ものになる事でしょう。

 

何故なら、

炎の料理と言われる中華料理でも、

中華街のプロが使う中華鍋の8割以上を占めるのが、

山田工業所の鉄打出し中華鍋なのですから!

 

山田工業所の鉄打出し中華鍋 の記事はコチラ

 

中国4000年の歴史も納得!?

 

 

スポンサーリンク


フライパンの素材とサイズ選び!?

 

 

DSC00724

 

 

ということで、

山田工業所の中華鍋と同じく、

プロからの人気を誇る鉄打出しフライパンがコチラです。

 

簡単に言うと・・・

 

鉄の塊を特注しました!

 

フライパンの基本的なサイズの選び方として、

オムレツなら16~18センチ、

オムライスなら22~26センチ程度が基準となります。

 

王道の洋食といえば・・・

 

オムレツやオムライスは欠かせませんからね^^

 

 

DSC00740

 

 

通常の鉄板なら、

厚みが1、6ミリが普通ですけど、

鉄板の厚みを3.2ミリに特注して極厚にしました・・・

 

 

DSC00728

 

 

それから、

普通はビス止めになっていますが・・・

 

持ち手の柄を溶接加工してもらいました。

 

 

DSC00730

 

 

ビス止めでは、

どうしても、段差や隙間ができてしまいますが、

溶接では完全フラットになって、隙間に汚れが溜まることもなく洗いやすいです!

 

 

鉄のフライパンの洗い方と手入れ方法!?

 

 

DSC00735

 

 

この厚み・・・

 

もちろん、

IHクッキングヒーターにも使えます!

 

 

DSC00738

 

 

プレス成形ではなく、

柄に打出しの証があります!

 

鉄のフライパンの洗い方と手入れ方法ですけど、

洗剤を使わず、ぬるま湯を張りタワシやブラシなどで擦って汚れを落とし、

洗った後は空焚きして水気を飛ばしてください。

 

それから、

洗剤を使わないと気持ち悪いという方もいますけど、

安心してください、どちらでも大丈夫ですし問題ありませんよ^^

 

洗剤を使って洗った場合には、

空焼きした後で、焼面に薄く油を塗ると同じですので!

 

 

油を塗らなくても、

水気さえ切れば錆びることはありません。

 

 

DSC05537

 

 

16~18センチでオムレツ・・・

 

22~26でオムライスに・・・

 

他にも、

ステーキなど焼く用に33センチを追加注文しました。

 

 

DSC00791

 

 

鉄のフライパンは、

鉄板焼きと同様に、お好み焼きなんかを焼くのにもピッタリです。

 

外はカリッと、

遠赤外線効果で中はふっくらとジューシーに仕上がりますよ!

 

現代人に不足しがちな鉄分の補給にもなりますし,

サプリメント不要で一石二鳥ですね^^

 

 

楽天市場・・・フライパン 山田工業所 鉄打出しフライパン の詳細はコチラ

amazon・・・フライパン 山田工業所 鉄打出しフライパン の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク