日本人にとって欠かせないものといえば・・・

 

お米ですよね!?

 

日本酒も米から造られますし^^

 

ということから、

美味しいご飯を食べたくなる訳で、

お米を美味しく炊かないといけません・・・

 

IHなど電気の炊飯器で炊くご飯より、

ガス炊飯器などのガスを使って炊く方が美味しい!

 

ガスのメリットとして、

最近、流行りの高級炊飯器を買う必要もなく

IHや電気の炊飯器より高火力で早く炊けますし、

何より美味しく炊ける所です^^

 

デメリットは、

電気炊飯器のようにいつまでも保温ができないという所ですが、

高温で長時間保温すると美味しくなくなります^^;

 

ということで、

便利さより、少々不便でもガスを使って美味しく炊飯するなら、

ガス炊飯器や鉄釜か土鍋になりますよね!?

 

米粒が立ち、艶々に美味しく炊ける「土鍋のご飯鍋」の登場です!

 

主食のご飯が美味しいと、

おかず(御数、御菜)も美味しく感じられますよ^^

 

もちろん、

炊き込みご飯も!

 

 

スポンサーリンク

割烹や料亭の土鍋は中川一辺陶さん!?

 

 

DSC05990

 

 

割烹や料亭などで酷使される土鍋・・・

 

プロ仕様の耐える土鍋があるんです!

 

それが、雲井窯の中川一辺陶さんが造る全面釉薬の技法を使った土鍋になります。

 

(完全受注生産)

 

一合半、二合、三合、五合があり、

五合炊きのご飯鍋を購入しました。

 

サイズは手造りなので若干の違いがありますが、

外形28センチ、高さ17センチ、重量4.1キロです。

 

 

DSC06003

 

 

炊飯専用の土鍋とは!?

 

専用設計で吹きこぼれにくい円筒の形状になっています。

 

 

DSC06004

 

 

造形と鴨釉が相まって、

見惚れる綺麗なご飯鍋です^^

 

 

DSC06005

 

 

丁寧に蓋の内側までも鴨釉が塗られています。

 

 

DSC06006

 

 

雲井窯の銘があります。

 

 

最強の土鍋は全面釉薬で造る雲井窯!?

 

 

DSC06009

 

 

中川一辺陶さん独自の全面釉薬の技法で造られていますので、

底部までも鴨釉で覆い尽くされています。

 

直接火にあたる底部だからこそ、

全面釉薬で頑丈にする必要があります!

 

プロが雲井窯の土鍋を選ぶ理由でしょうね・・・

 

本当に最強ですから^^

 

 

DSC05993

 

 

丁寧にご飯鍋の使い方の説明書も・・・

 

頑丈なので最初から強火で炊いても大丈夫!

 

 

スポンサーリンク

 

 

使用後の手入れは、

洗剤を使わないで、、

五分程度お湯をは張って亀の子たわしや柔らかいスポンジ(金属や研磨が無いもの)を使って洗い流して拭き取り、

伏せた状態で乾燥させます。

 

オコゲなども釉薬のおかげで軽く撫でるだけで、

ビックリするほどにスルッと落ちますよ!

 

 

DSC05996

 

 

機械ではなく、

一つ一つ職人が手造りしている土鍋です。

 

道具は使わないと性能もわからない、

ということで・・・

 

 

DSC06089

 

 

鯛飯・・・

 

 

DSC06025

 

 

蛸飯・・・

 

 

DSC06002

 

 

ご飯鍋とは違う奥にある土鍋も同じく・・・

 

土鍋・・・雲井窯 中川一辺陶 作 「鴨釉土鍋」

 

鴨釉と造形が美しく魅力的です。

 

ちなみに、

どちらの土鍋でも、ご飯を炊く事ができますので安心してください。

 

日本の食文化である日本料理・・・

 

美味しい国産米を食べて日本の農家さんを応援しましょう^^

 

 

楽天市場・・・土鍋 ご飯鍋 の詳細はコチラ

amazon・・・土鍋 ご飯鍋 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク