日本酒を美味しく呑みたい・・・

 

そのためには、

備前焼の酒器も欠かせない!

 

という、

個人的な見解により、

集めてきた備前焼の酒器^^

 

同じ備前焼でも趣味嗜好は人様々ですけど^^;

 

ということで、

備前焼 中村六郎さんの「備前酒呑」を紹介していきます。

 

 

DSC04982

 

 

古来から続く、

日本ならではの焼物(日本六古窯)の備前焼です。

 

素朴な雰囲気が良いんですよね・・・

 

日本ならではの日本酒と組み合わせも良いという訳です^^

 

 

「猪口」と「ぐい呑」の違いと「酒呑」!?

 

 

DSC04983

 

 

「備前酒呑」とありますが、

「猪口」より大きい「ぐい呑」といったサイズ感です。

 

「猪口」と「ぐい呑」の違いは・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

単純に大きさの違いで呼ばれています^^

 

 

DSC04985

 

 

「備前最高峰の土とされる観音土」の土味が活かされた「抜け」が魅力的だと思います。

 

 

DSC04986

 

 

また違った景色・・・

 

 

DSC04988

 

 

「カセ胡麻」の部分を手で触るとメロン肌のような質感も楽しめます^^

 

 

DSC05003

 

 

お酒を注ぐと艶やかで色鮮やかになる底溜まり・・・

 

覗き込むと呑みたくなってしまいます!

 

 

DSC05002

 

 

口縁は薄く滑らかに造られているので呑みやすい・・・

 

酒呑みの為の「酒呑」ですから^^

 

 

DSC05009

 

 

底はグリッと豪快に削り取られていて、

手で持ちやすく使い勝手も良いです。

 

 

DSC05010

 

 

迷いが見受けられない熟練された技術!

 

手直しや、

上手く見せようといった感じもなく自然です^^

 

 

DSC05013

 

 

まだ、

未使用の状態の肌・・・

 

これから使い込んで育てるのも楽しみの一つに^^

 

 

DSC05011

 

 

栞は、俳人の安藤次男さんによるものです。

 

熱狂的なファンの一人だったのでしょう・・・

 

何でも、

窯傷のあるものばかり欲しがって中村六郎さんを困らせたとか^^;

 

 

使い込むと育つ備前焼の酒器!?

 

 

DSC04936

 

 

「酒呑」の相棒には「徳利」・・・

 

これ以上はない一体感です^^

 

 

DSC04945

 

 

集めてきた中村家の酒器・・・

 

中村六郎さんの長男・中村真さん、孫の中村和樹さんの揃い踏み!

 

左から・・・

 

酒呑・・・備前焼 中村六郎 作 「備前酒呑」

徳利・・・備前焼 中村六郎 作 「備前徳利」

徳利・・・備前焼 中村真 作 「備前徳利」

徳利・・・備前焼 中村和樹 作 「備前徳利瓢徳利」

 

中央にある中村真さんの徳利・・・

 

少しだけ育っているのが解るでしょうか!?

 

新品だった最初と比べると、

艶や色が濃く妖艶になってきました!

 

やっぱり、

備前焼は育てるのが楽しい器ですね^^

 

 

楽天市場・・・備前焼 酒器 作家 の詳細はコチラ

amazon・・・備前焼 酒器 作家 の詳細はコチラ

 

スポンサーリンク