日本独自の焼き物・・・

 

優しい質感の美濃焼といえば、

志野、織部、黄瀬戸があります。

 

室町~安土桃山時代に、

瀬戸から戦火を逃れるため美濃に移ってきた陶工が造り出した美濃焼です。

 

志野と一言で言っても、

絵志野、赤志野、鼠志野があり、

 

織部では、

総織部、青織部、黒織部などがあります。

 

そして、

今回の黄瀬戸です。

 

 

DSC05889

 

 

黄瀬戸と言われるように黄色が特徴的です。

 

 

スポンサーリンク


黄瀬戸の釉薬は鉄釉と銅釉

 

 

DSC05891

 

 

黄色い部分は鉄釉、

模様部分には銅釉が使われています。

 

作家独自の土の配合や釉薬、

個性ある黄色があり面白いです^^

 

 

黄瀬戸の胆礬とは!?

 

 

DSC05892

 

 

内側に外側の銅釉が抜けている部分を胆礬(タンパン)と呼び、

見所の一つになっています。

 

 

DSC05893

 

 

酎磨窯の浜田純理さんの黄瀬戸は、

底部まで釉薬に覆われて焼かれています。

 

 

DSC05897

 

 

同じく、

浜田純理さんが造った黄瀬戸・・・

 

片口・・・美濃焼 黄瀬戸 浜田純理 作 「黄瀬戸山柿片口注器」

 

やっぱり、

並べてみると相性も良くて・・・

 

お酒も美味しく呑めます!

 

自分好みの作家と黄瀬戸を探すのも楽しいですよ^^

 

 

楽天市場・・・酒器 黄瀬戸 作家 の詳細はコチラ

amazon・・・酒器 黄瀬戸 作家 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク