青磁とは、

古来中国で生まれた磁器です。

 

それから、

日本へと伝わり・・・

 

佐賀県の陶芸家、

中島宏さんが造る「中島青磁」や「中島ブルー」と呼ばれる特徴的な青磁が生まれました。

 

一言で言うなら、

「日本ならではの青磁」だと思います^^

 

 

DSC05866

 

 

中嶋宏さんは、

独創的な青磁を造ります。

 

青磁とは青磁釉・・・

 

「鉄分を含んだ灰釉」を還元焼成させて造られるものです。

 

そして、

なんといっても、

「中島青磁」貫入のある青磁・・・

 

 

スポンサーリンク


青磁の貫入と染め!?

 

 

貫入と呼ばれて珍重される「ヒビの模様」がある青磁です。

 

 

DSC05867

 

 

貫入に墨や、

日本最古の顔料として知られる「ベンガラ」などで染めたものが、

貫入の模様として浮かび上がってきます。

 

高温で焼かれた釉薬が縮んで生まれた貫入に、

色素が入り込んで幾何学的な模様を創りだすのです。

 

(貫入を染めないものもあります)

 

 

DSC05868

 

 

そのため、

出来上がりを予想できずに失敗作も数多くできてしまうとか^^;

 

 

DSC05869

 

 

高台の内側に掻き銘があります。

 

 

DSC05887

 

 

ぐい呑には徳利という事で・・・

 

徳利・・・青磁 中島宏 作 「青磁徳利」

 

相性も抜群です!

 

中島青磁の独特な色合いとポッテリ感・・・

ユックリと呑みたい気分になってしまいます^^

 

 

楽天市場・・・酒器 青磁 作家 の詳細はコチラ

amazon・・・酒器 青磁 作家 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク