備前焼 ぐい呑 川崎靖英 作 「備前窯変ぐい呑」 の紹介をします。

 

土物が好きな方は、この備前焼は外せない酒器になると思います・・・

 

派手さは無いですが^^;

 

備前焼は、釉薬で色付けするんでは無く、

窯の温度、灰などで色づく窯変 (予測出来ない変化) なので、

同じものが作れないのも魅力です。

 

日本の六古窯という歴史もあり、

昔から大事にされてきました。

 

テレビでも紹介され、お宝鑑定団で金重陶陽といえば・・・

備前焼ですよね^^

 

まぁ、私は日常の実用品として使うので、

人間国宝の作品を使おうとは思いませんが・・・

 

お高いですし^^;

 

自分の気に入った色み、形で呑むのが、

美味しくなる要素の一番ですから^^

 

では、写真で紹介していきますね。

 

(画像をクリックすると更に拡大できます)

 

 

DSC01081

 

 

木箱の字体を見ると豪快な印象を受けます。

 

作品も豪快で、灰を被って窯変してるのが魅力ですね^^

 

 

DSC01082

 

 

この土感・・・

 

どうですか!?

 

私ながら、

良いぐい呑を見つけられたと喜んでいます!

 

 

スポンサーリンク

 

 

なかなか、

自分好みの作品って探しても無いので^^;

 

この備前焼の素朴さに合わせる酒は、日本酒の純米酒でしょうかね^^

 

 

DSC01083

 

 

裏から見ると、細かい面取りがされていて珍しいデザインです。

 

その、小さな凸凹が手に調度良く収まり、滑らず機能的でもあります・・・

 

実用品ですから^^

 

 

DSC01103

 

 

重量は106グラムでした。

 

感覚は、長い時間焼いてるんだろう・・・

 

硬く、焼き締められているのがわかります。

 

やはり、備前焼の一番の見所は、土と素朴さですね^^

 

 

楽天市場・・・備前焼 ぐい呑 馬場隆志 窯変ぐい呑み の詳細はコチラ

amazon・・・備前焼 ぐい呑 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク