織部焼 ぐい呑 棚橋淳 作 「織部窯変ぐい呑」の紹介です。

 

織部焼の特徴でもある・・・

深く綺麗な緑色がでたのぐい呑が欲しくて探していました。

 

そして、見つけたのが・・・

棚橋淳 作 「織部窯変ぐい呑」なんです。

 

私が探していた理想の色みで、

織部釉が厚く掛かっている部分が艷やかで綺麗な作品です。

 

手作りの暖かみを感じる事ができると思います。

 

では、写真を載せていきます。

 

(画像をクリックで更に拡大できます)

 

 

DSC01040

 

 

木箱入りで、字が達筆です。

 

字が綺麗だといいですね・・・

私は下手ですが^^;

 

 

スポンサーリンク


世界に一つだけの窯変は貴重な作品になる!?

 

 

DSC01043

 

 

窯変(窯で焼いている時の温度による釉薬の色変化)の予期せぬ色の変化は良いですよ・・・

同じものは作れませんからね^^

 

手に持った感触は、素地表面のツブツブ感が心地良く、

織部釉が塗られた部分はツルツルしていて、変化が楽しめます。

 

工業製品の大量生産では、不可能な一品で美しいですよ。

 

 

DSC01053

 

 

裏も趣があり、良い作りでしょ!?

 

高台部分も、綺麗に処理しているので、そのまま使えます。

 

(ザラツイている場合はサンドペーパーなどで、滑らかにしないとテーブルなど置く際に傷がつきます)

 

 

DSC01108

 

 

重量は97グラムでした。

 

この作品は素地が見えている部分があるので、

使用する際は、ぬるま湯に10分ほど浸けて使用することをオススメします。

 

(酒が浸透して匂いが付着するのを防ぎます)

 

棚橋淳 作 「織部窯変ぐい呑」は、水分を含むと更に綺麗な深い緑色になるので、

この点でも「ぬるま湯」に浸けると良いですよ。

 

 

DSC01044

 

 

陶歴です・・・

日本以外でも活躍されています。

 

海外にも、日本の文化を浸透させたいですね。

 

最後にですが・・・

私は、主に常温のお酒を呑む時などに「織部窯変ぐい呑」を使っています・・・

 

お酒が本当に美味しくなりますよ^^

 

 

楽天市場・・・織部焼 ぐい呑 棚橋淳 「織部窯変ぐい呑」 の詳細はコチラ

amazon・・・織部 ぐい呑 の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク