萩焼のぐい呑で森田之 作 「びわ」の紹介です。

 

私は、ぐい呑を購入するときに作家の名前では買いません・・・

コレクションではなく、あくまでも実用品ですから。

 

この「びわ」も作家の名前などは知りませんでしたが、

貫入、釉薬の垂れと色味が購入のポイントでした。

 

まだ、使用期間がみじかいので、萩焼の特徴「萩の七变化」はしていませんが、

これから「びわ」にお酒を呑ませ変化を楽しみたいと思います。

 

では、写真をみてください。

 

(画像をクリックすると更に拡大できます。)

 

 

DSC01027

 

 

木箱入りでした。

 

「びわ」の銘も素敵です。

 

 

DSC01034

 

 

釉薬の垂れが、いい味だしています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

色みは、淡い「びわ」の色で、全体に貫入がありるので・・・化けるのが楽しみです^^

 

 

DSC01054

 

 

裏の高台には、切り込みがはいっていて、七里と刻印があります。

 

 

DSC01104

 

 

重量は、84グラムでした。

 

陶器の質感は、本当に個性があり面白いですよ^^

 

自分好みの酒器を探して、お酒を楽しんできださい。

 

 

楽天市場・・・萩焼 ぐい呑 の詳細はコチラ

amazon・・・萩焼 ぐい呑 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク