私のお気に入り酒器、大阪錫器の錫製ぐい呑「かたらい」を紹介します。

 

錫は古来から、神器としても使われていて、縁起も良い金属なんです・・・

例えば、和式の結婚式でお酒を入れている器(銚子)が錫でできていますね。

 

ところで、大阪錫器のぐい呑「かたらい」ですが、

一番の長所は、冷やを呑む時に発揮されます。

 

唇まで伝わる冷たさは他には無いです・・・

本当にお酒がキリッと美味しくなるんですよ。

 

しかし、短所もあります^^;

 

それは、熱いものを注ぐと、熱伝導率が良いので、手で持てません・・・

材料が、軟い金属の錫無垢なので、洗う際には、軟いスポンジじゃないと傷がつきます(錆は無いです)。

 

手はかかりますが、冷やの美味しさは一番と思います。

では、写真を見て下さい。

 

(画像をクリックすると更に拡大できます。)

 

 

DSC01153

 

 

木箱入に入っています。

 

 

DSC01154

 

 

滑らかな口縁と木肌のような模様が気に入りました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

DSC01155

 

 

裏には純錫と刻印されてます。

 

 

DSC01156

 

 

ぐい呑は、小さいですが錫無垢なので107グラムあり、

ズッシリとした重量感が心地良いですよ^^

 

 

楽天市場・・・錫無垢 ぐい呑 大阪錫器 錫製ぐい呑 「かたらい」 の詳細はコチラ

amazon・・・大阪錫器 の詳細はコチラ

 

 

 

スポンサーリンク