Baccarat (バカラ) シャンパングラス 「アルクール」 フルート 1201-109 の紹介をします。

 

このグラスを購入した後に気づいたのですが・・・

「マッセナ」のシャンパンフルート と高さが違ったのです!

 

調べてみると、今回で紹介するグラスより、

ワンサイズ大きな 「アルクール」 シャンパンフルート トール (商品番号 2103-535) というがサイズがありました。

 

紛らわしいです・・・

しかも、在庫を置いているショップが無いので取り寄せになると思われます^^;

 

なので、

マッセナ フルート と一緒に購入を考え中の方はサイズを確認して失敗しないようにしてくださいね。

 

では、 Baccarat (バカラ) 社の歴史の話からしますね。

 

1764年、フランスのロレーヌ地方にある 「バカラ村」 で、

当時のフランスの王様 「ルイ15世」 の許可を得て誕生しました。

 

以来、王族に愛され 「王者のクリスタル」とも、呼ばれています。

 

バカラの代表作とも言える 「アルクール」 シリーズは、1841年に発売され、現在も人気の高いシリーズです。

 

歴史上で有名な人物も 「アルクール」 を使っていました。

 

(ナポレオン、ヴィクトリア女王、ヨハネ・パウロ、ルイ・フィリップ、世界各国の王侯貴族など)

 

「アルクール」 の名前の由来は、アルクール公爵家が婚礼 (1825年) の為に、

バカラに作らせたのが 「アルクール」 シリーズ原型の誕生です。

 

以後の話をしますが、ナポレオンは 「アルクール」 を遠征の際などに持って行っていたそうです・・・

美しく堅牢で、実用性にも優れているからでしょうね^^

 

1917年では、ベネディクト法王15世がバチカンで使用するグラスに選びました。

 

現在でも、歴史ある 「アルクール」 シリーズは、

フランスのエリゼ宮殿やベルサイユ宮殿での晩餐会でも採用されています。

 

では、写真を見てください。

 

(画像をクリックで更に拡大できます)

 

 

DSC02698

 

 

バカラの真っ赤な純正ボックスです。

 

ドッシリとしたシャンパングラスなので、

華奢なグラスのように簡単には足も折れません^^

 

 

スポンサーリンク


バカラのアルクールの魅力!?

 

DSC02701

 

 

バカラグラスの代表作ともいえる 「アルクール」 は、

光の屈折なども計算されたデザインで人気があるのも必然と思います。

 

一見するとシンプルなカットですが、

光を当てると反射光が複雑に交差するのがポイントではないでしょうか!?

 

 

DSC02706

 

 

グラスの底には刻印があります。

 

バカラの刻印が逆向きに彫られているんですよ!

 

画像をクリックすると拡大画像になるので確認してくださいね^^

 

何故、逆向きに彫られていたかと言うと・・・

正面から見た時にBaccaratになるように彫られていたのです。

 

こういう細かい所って嬉しいんですよね^^

 

重量を量ると 339グラムでした。

 

大きさは口径が4.5センチ、高さが18センチで、容量が120mlです。

 

 

DSC02708

 

 

この大きさだとシャンパン、スパークリングワインだけで無く、

カクテルグラスにもピッタリなサイズと思います。

 

どういう使い方をするかは自由なので、

酒器としてでは無くデザートなども美味しく楽しみたいですね^^

 

 

楽天市場・・・Baccarat (バカラ) シャンパングラス 「アルクール」 フルート の詳細はコチラ

amazon・・・Baccarat (バカラ) シャンパングラス 「アルクール」 フルート の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク