江戸切子のロックグラスで、宮内庁にも卸している、

カガミクリスタル製 伝統工芸士の篠崎英明さんの作 を紹介をします。

 

テレビでも紹介されているロックグラスです・・・

BSジャパンの「高田純次の年金生活」で^^

 

この、篠崎英明さんの同じシリーズには、

ぐい呑、肩口もある人気のデザインになっています。

 

では、写真で紹介していきますね^^

 

(画像をクリックで更に拡大できます)

 

 

DSC01145

 

 

木箱入りなのが嬉しいですね・・・

満足感が^^

 

クリスタルガラスで有名なバカラは紙箱なので・・・

 

私は、グラスをショーケースに入れてるため、

箱は必要無いんですが、木箱の場合は保管しています。

 

 

DSC01146

 

 

この微妙な淡い灰色に、計算されたカットの輝きが映えるんですよね!

 

一つ一つのカットは、単純なんですが、カットが重なると複雑な輝きに変化します・・・

この辺が人気の秘密では!?

 

 

スポンサーリンク

 

 

形状ですが、

個人的に好みな形です・・・

 

何故なら、

グラスを振るっても上部が狭まっているので、こぼれにくいんです。

 

グラスに入った氷を、振り回して混ぜられるので、マドラーいらずですよ^^

 

 

DSC01148

 

 

先程のように、横から見た表情と、上から見た表情では違うのも良いですね!

 

横から見た時より、カットが丸くなっている印象を受けませんか!?

 

 

DSC01149

 

 

底から見ると、また違った表情を見せてくれます。

 

底は、カットした面の反射を計算して、カットの大きさを変える職人技!

 

この技術は、大量生産では無理ですよね・・・さすが、伝統工芸士という仕事をしています^^

 

 

DSC01151

 

 

重量は287グラムでした。

 

意外と軽量で、丸く可愛い形をしているので、女性にもオススメですよ^^

 

 

DSC01152

 

 

篠崎英明さんの紹介と江戸切子の歴史の紙があったので、載せますね・・・

見づらいですが^^;

 

ますます、

伝統工芸が好きになった私でした^^

 

 

楽天市場・・・江戸切子 伝統工芸士 篠崎英明 (カガミクリスタル) ロックグラス の詳細はコチラ

amazon・・・江戸切子 伝統工芸士 篠崎英明 (カガミクリスタル) ロックグラス の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク