江戸切子のロックグラスを紹介します。

 

この江戸切子は、少し変わっていて琥珀色のガラス生地に、

緑を被せたクリスタルガラスで作られています・・・

 

品質も良く、

凄く綺麗です^^

 

しかし、

残念な事があるんです・・・

 

琥珀色 (アンバー) のガラス生地を作っている、

老舗の硝子屋が倒産したらしいんです;;

 

良い物を作っているのに、

倒産とは悲しいですね・・・

 

なので、

今後は、手に入りにくくなると思います。

 

品質の良さを言葉で説明しても、わかりにくいと思うので、写真で紹介していきます。

 

 

(画像をクリックすると更に拡大できます)

 

 

DSC01125

 

 

木箱の箱書きも渋く上品です。

 

製造元は、誕生して50年の歴史がある江戸切子協同組合 (旧・東京カットグラス工業協同組合) で、

所属している会社70社の職人達が制作しています。

 

東京都の伝統工芸に指定されているので、品質も間違いないです・・・

 

私は、

非常に満足していますから^^

 

 

DSC01126

 

 

緑と琥珀色が綺麗と思いませんか!?

 

下の部分は、琥珀色が濃く、

上は少しずつ緑色が強くなっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

手に持った感触も素晴らしく、

角が立っていてカットも深いので、滑らないです。

 

カットは、江戸切子の伝統な菊繋ぎと八角籠目が合わさって、

複雑な光の反射があり綺麗です!

 

 

DSC01143

 

 

底も綺麗にカットされて、

丁寧に磨かれているので透明度もあります。

 

上から見る表情とは違い、裏から見るとドッシリとした重厚感が、

私好みな部分ですかね^^

 

 

DSC01128

 

 

重量は358グラムあり、

手に持つと重量感が心地いいですよ!

 

やはり、

私は重い物が好みなようです^^;

 

このグラスで呑むには、焼酎、泡盛もいいですが、ウィスキーなどの洋酒も色が映えて、

普段とは違う雰囲気で呑めるので、オススメします^^

 

 

DSC01130

 

 

江戸切子の歴史を書いた物が添えられていました。

 

日本の伝統って、

本当に素晴らしいです・・・

 

伝統工芸を支えてきた、

老舗の硝子屋が倒産したのは、本当に残念です。

 

材料、職人が揃って、

初めて完成する伝統工芸なのですから!

 

 

楽天市場・・・江戸切子 ロックグラス 江戸切子協同組合 「琥珀地緑被せ菊繋ぎロックグラス」 の詳細はコチラ

amazon・・・江戸切子 ロックグラス の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク